うつ病なんて怖くない

BLOG

うつ病なんて怖くない

2019年04月11日 木曜日

うつ病について書いてみたいと思います。当院は整体、はり灸、光線療法、呼吸法を通して自律神経失調症を主に専門にしていますが、うつ病も自律神経の不調が関係しています。

 

うつ病は個人差があり、薬を飲んで症状が楽になる方もいますが、うつ病になってしまった根本原因を改善しないまま薬を続けていても不安定な状態は続いてしまいます。薬を止めることができない人も多いようで、長期間服用してしまうケースも多くあります。薬は耐性ができてしまうため、より強い薬が必要になってしまう人もいます。

 

当院に通ってうつ病を卒業した方が多くいます。薬も完全に止めることに成功しています。なぜそれが可能になったかというと、根本的な病気の原因を改善し、体質から変えることに成功したからです。

 

食事や運動、生活習慣の改善が大切なのは間違いありません。しかしそれだけをどれだけ頑張っても「うつ」から抜け出ることができない人がいるもの事実です。

 

当院では血流の改善、自律神経のバランス改善に様々な療法、健康法を組み合わせて、患者さんと一緒に取り組みます。すると内臓から元気になり内分泌系も安定し、症状が落ち着いてくることが期待できます。

 

今回はうつ病でおつらい状態の方に向けて私の考えを書いていきたいと思います。

 

私が発症したうつ病、パニック障害、不安恐怖症は実に重いものでした。私も心療内科に行きましたが、私ほど重症の人はいませんでした。普通に通うこともできなければ、待合室にいることもできません。なぜできないかと言うと怖くてたまらないからです。

 

パニックの発作はなった人にしかわかりませんが、実に恐ろしいものでした。すべての景色が変わり、ゆがんで見えました。まるでムンクの「叫び」の世界です。私の発作は特に重く、何もすることができなくなってしまいます。そして突発的に死んでしまおうとする自分が怖いし、本当に死ぬのではないかという恐怖がとても強く出ました。

 

不安で外にも出られません。床屋に行ったら10分も座っていられません。汗でびっしょりになり、呼吸が荒くなり、苦しくなってしまうのです。

 

テレビもネットも怖くて見れません。怖い事件や世の中の苦しみなどに過敏になり、胸が張り裂けそうになるのです。

 

電話が来るだけで怯える毎日です。何もかもが受け入れられず、緊張で体は冷え切り、体はあらゆるところが痛くなり、気が狂う寸前まで行きました。

 

うつ病、パニック障害、不安恐怖症、これらが同時進行してしまったのが当時の私で、二度と元の状態には戻らない、もっと悪くなる予感に常に襲われました。

 

体に力が入らない、エネルギーが枯渇している感覚、気持ちが常に落ち込み、次から次へと不安が襲ってきました。

 

よく一般的にパニックになったと気軽にパニックという言葉を使いますが、本当のパニック障害を体験すると二度とこの言葉を使うことは無くなります。それほど一般的に思われているパニックとは次元が違うものなのです。

 

どんな病院に行っても驚かれ、これだけ過敏になってしまうと薬を限界まで増やして閉鎖病棟に入院させるしかないとまで言われました。

 

こんな私がすべてのうつ病、パニック障害、不安恐怖症をすべて克服したのです。ですから今がどんな状態であっても大丈夫です。

 

私は精神薬も飲んでいましたが一年以内にすべてを止めました。止めてからは一度も薬を飲んでいません。それどころか一切の薬を飲んでいません。風邪を引いても自然治癒力で治しています。

 

そんな私が現在、どんな状態かというと、本当に平安な心の状態なのです。不安が長居することはありません。恐怖もありません。こんなに心が穏やかで静かであるのは生まれた時から遡ってもありませんでした。私は重い深刻な精神病を体験した後、生まれ変わったように心の中が晴れ渡り、病気をする前よりはるかに幸せになったのです。

 

私は決して完璧な人格者ではありません。聖者でもありません。普通です。しかし心の中はいつも平安でいられます。私は病気を克服して不安や苦しみの原因となっているものを一掃することができました。そしてやっと幸せを自分の人生の中で感じられるようになったのです。このことを私は多くの人に伝えたいのです。どんなに外面を作っても自分の心の中がいつも争いや不満、不安で占められていたら、幸せは感じることはできません。

 

自分の外の環境がどんな状態であっても、物質的には恵まれなかったとしても、社会的な地位もお金も無かったとしても、心が揺れ動くこと無く、いつも穏やか、安らかでいられることこそ素晴らしいことはありません。

 

どんな時も心が乱れないのかというと、それは違います。ニュースで争いを見たり、残酷な事件を見たり、残念な行動をとる人に遭遇すればいやな気持ちになります。青空に暗雲が立ちこめて来たかのように光りを遮ります。

 

私はそこからできるだけ早く自分の思考を切り離すことができます。嫌な人に遭遇してしまった時、10分引きずればそれだけ心は濁ります。一日中引きずればもう濁りきってしまうでしょう。それを10秒で断ち切るように意識します。

 

断ち切るという言葉は方便に過ぎません。自分は実は何もしません。何もしないという「大事なこと」を思い出すのです。

 

自分でどうにかしようとしているうちは不安や怒り、不満は消えて行きません。何もせずに「ただ、通り過ぎるのを待つ」ことができると、今まで無駄に戦っていたということにようやく気づくことができます。戦う相手がいなくなった不安や怒り、不満は消えていくことしかできないのです。

 

あれほど巨大で自分を覆い潰してしまうように感じていた不安のエネルギー、苦しいエネルギーは実は自分自身が巨大化させていたに過ぎないのです。