ひざ痛の改善例

BLOG

ひざ痛の改善例

2017年11月21日 火曜日

病院で関節に異常があると言われたひざ痛であっても手術や注射による治療なしに治る可能性があります。

 

当院にはひざ痛で来られる方も少なくありません。ほとんどの場合、ひざ痛の他に体の不調を抱えている場合が多いのですが。。

 

ひざ痛にはまず、手技によって施術を行います。膝が痛いからといって膝ばかりを治療していては治りません。お尻、太もも、腰の筋肉が収縮して固まっていることが痛みに繋がっていることが多いのです。特にお尻や太ももの前側、後ろ、内側、外側の筋肉がどのような状態であるかを手技によって検査し、的確な施術を行うことで改善するケースが多くあります。

 

太ももやお尻の筋肉は自分でストレッチすることも不可能ではありませんが、それだけでは十分ではありません。特にバランスが大切です。太ももの前側の筋肉が収縮しているのに裏側ばかりストレッチしてしまうということがよくあります。それは楽な方を多くやってしまうからでバランスを崩した状態は戻りません。

 

また太ももの内側や外側のストレッチは自分では難しいのが現状です。

 

お尻の筋肉は太もも以上にストレッチが難しい部分です。さらにその上の腰の筋肉や背中の筋肉、首の筋肉なども合わせて収縮しているケースがほとんどですので、ある程度全身の筋肉を緩めて伸ばしていくことが必要です。

 

そのためには筋膜を伸ばして全身のアンバランスを整えていくことがまず必要になると思います。その後で部分的な筋肉の深部を緩めて伸ばしていくテクニックにより、筋肉のバランスが戻っていきます。

 

しかし、加齢と共に筋力自体が落ちてしまっている場合、ストレッチ、手技だけでは解決しません。その場合は筋トレです。すぐに結果は出ませんが筋トレを続けることによって痛みから解放される方が多いのです。

 

この場合、どのような筋トレが有効か、それを知らなくてはなりません。歩いたり、走ったり、スクワットしたり、ダンスするだけでは解決しないケースが多いです。それは弱っている筋肉をピンポイントで鍛えていくやり方をしなければいけないからです。

 

また正しい歩き方に矯正することでひざ痛はかなり軽減されます。同時にストレッチや筋トレを続けていくことで完治することも不可能ではありません。

 

これらのメソッドはひざ痛だけでなく股関節痛や腰痛にもいい影響が出ます。

 

また当院で行う光線療法を同時に受けられることで痛みから解放される可能性が高まります。膝に直接照射するだけでなく、全身に照射し全身の血流を高めます。40分以上の全身照射により、保温療法としての効果も期待できます。同時に可視光線や赤外線、紫外線がそれぞれ体に作用し、体のバランスを整えながら内部組織の損傷を修復します。

 

特に心因性の痛みも含んでいる場合、光線療法はとても有効になってきます。