不眠症は光線療法で

BLOG

不眠症は光線療法で

2018年01月10日 水曜日

不眠症でお悩みの方に光線療法をお勧めします。

 

不眠症の大きな原因として自律神経のバランスの崩れがあげられます。自律神経はあらゆる生体バランスを司るとても大切な働きをしていますが、薬では自律神経を治すことはできません。薬で治そうとすると却って悪化することもあります。

 

自律神経がなぜ崩れてしまったかというと様々な原因が考えられます。生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、ストレスが特に関連が深いと思われます。自律神経は自分の意志と関係なく働いている神経です。それが崩れてしまうというのは不自然な生活を続けてきたツケであると言えます。

 

現代の生活は自律神経が崩れる様々な要因があります。中でもスマートフォンが生活の中で大きな存在になるに連れ自律神経は大きく崩れてしまっているかもしれません。

 

それには様々な理由があります。単純に電磁波の問題もあれば、目の神経が疲労する。常に情報を拾う習慣がつき気が休まらない。コミュニティに縛られ常に気にしていなくてはならなくなった。ゲーム中毒になり脳が偏って疲労している。など、スマートフォンが無い時代には考えられないストレスが付いて回るようになったのです。

 

情報社会は確かに便利です。しかし精神的なストレスは増したと言えます。情報の問題だけみても、深刻なストレスに繋がります。それがわからないまま進行しているのです。スマートフォンで簡単にいろんなニュースを入手することができます。しかしそれらはほとんどがストレスです。おぞましいニュースや暗い悲惨な出来事、ゴシップ、それらを求める人がいるからニュースが増え、それらを無防備にインプットしてしまっているのです。

 

最近、心が沈みがちだ、気が滅入る、ストレスを感じる、眠れない、という人は試しにニュース断ちをしてみてください。知らなくてもいいニュースばかりです。最新情報が知らなくてバカにされるのならバカにされればよいのです。それよりも潜在意識になんでも入れてしまう危険性に気づくべきです。

 

あるニュースに紐付けて過去の悲惨な出来事などを調べだす人もいます。インターネットはとても便利でいくらでも情報が出てきます。しかしそれをさせるのは何でしょうか?なんでそんなことをしているのか冷静になるべきです。

 

ニュース断ちは健康にとてもよいです。本当に知らなくてもよいことばかりです。話についていけなくても構いません。それよりもどうしても脳を休めたければお笑い番組をお勧めします。笑うことは健康にとてもよいのです。

 

不眠症の話に戻ります。不眠症の原因として自律神経をあげましたが、ストレスの積み重ねにより脳が休まらないのではないかと思います。本来なら瞑想がとても有効なのですが、瞑想ができるまでには時間が掛かります。そこで光線療法をお勧めします。光線療法は太陽の光を再現した医療機器による治療ですが、不眠症にも確かな効果が期待できます。

 

なぜなら光線療法によって脳内神経伝達物質の分泌が正常に近づいていくことが期待できるからです。例えばメラトニン、セラトニンなどです。睡眠と太陽光の関係は古くから認められてきました。朝日を十分に浴びない生活を続けていれば不眠症になる可能性があります。そしてそれは体調不良の入り口で、そこからうつ病や過敏性腸症候群に過活動膀胱などになるケースもあります。

 

普段の日光浴では間に合わないから光線療法なのです。特に症状がはっきりと出ている場合は光線療法による集中的な照射療法が必要です。自然療法ですので副作用はありません。その分、多少時間はかかりますが、危険性のない療法です。

 

最近、眠りが浅い、夜中に起きてしまう、眠れないなどは自律神経が崩れだしているサインです。そのままにしていてはいけません。規則正しい生活、食生活、運動などあらゆる角度から自分を見直すことをお勧めします。

 

当院はあらゆる角度からアドバイスができる経験を積んでいます。これまでにも自律神経の不調に伴う体調不良を改善した例が多くあります。病院や他の治療院では治らないと思われた方は一度ご相談ください。どこに行っても治らなかったと聞いて自信が揺らぐことはありません。