今この瞬間をどのように受け入れるかは選択できる

BLOG

今この瞬間をどのように受け入れるかは選択できる

2020年01月09日 木曜日

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

光線療法院けろぴーは小池整体、Keropi鍼灸院を併せ持つ療法院です。健康を保つため、健康を取り戻すためには健康について知らなくてはならないことがたくさんあります。

私たちは一生を通して自然の中からそれを学び、人生をより豊かなものにしていく課題を与えられているのだと思います。

私たちもまだまだ学んでいる途中ですが、健康について知り、実践していくことは実に奥深く、真の幸せに繋がるものなのだと日々実感しています。

 

病んでおられる方にとりましては毎日がつらく、自分がとても弱く、小さな存在であると感じてしまっているかもしれませんが、すべての機会に対して決して否定的にならずに、今まで見てきた自分の世界を別の角度から意識的に見ることがとても大切だと思います。全く違う角度から自分自身を客観視することは慢性的に続いてしまっている体調不良、精神的な悪循環に変化を与え、劇的な改善さえも起こすことに繋がります。

 

今この瞬間をあなたはどのように受け入れていますか?

 

体が痛い、動かない、苦しい、不安が強い、抑えきれない感情に怯えている、このような状況の中で今、現在というのはあなたにとって、「不完全」で「何かが足りていない」「とても不満のある」と受け止められているかもしれません。受け止めるという言葉がふさわしくないくらい、「拒絶」「直視できないもの」として今現在を敵視しているかもしれません。

 

今の自分は不完全で何かが欠損していて、とても満足のいくものではないけど、いつかよくなりたい、未来は必ず今よりはましであってほしい。少しでもよい未来が待っていてほしい、と思っているのではないでしょうか。

 

しかし今現在の自分がとても不完全で満たされていないわけですから未来も希望で満ちるはずがありません。未来のことを考えれば不安になり、もっと悪くなるのではないかという不安で押しつぶされそうになってしまっているかもしれません。

 

自分が今現在をどのように感じているか、認識しているかによって未来は決まってくるのです。

 

今の自分は不完全で満たされていない、不満、不幸せだと認識し続ければ、あなたの未来に完全で幸せで満たされたものは訪れてくれません。なぜなら未来を作っているのは今の自分だからです。

 

もし今現在を完全ですべて満ち足りているもの、豊かさで溢れているものと認識し、心から歓迎し、まるごと受け入れてあげたとしたら、未来は自然に豊かで満ち足りたものになっていきます。

 

今の自分が幸せを感じ、いいもの悪いものと選別せず、すべてを豊かさとして受け入れることができたら、未来は幸せで溢れます。

 

これは自然の法則です。

 

私の体験上、今現在の心のあり方が3ヶ月後から現れてきます。今の自分が不満でどうにかならないといけない、障害だらけの現在を認識し、拒絶するマインドであれば、

数ヶ月後も同じような状況が続いていることは想像できます。未来を変えたい、よりよいものを受け止めたいと心から思うのであれば、今現在に対する自分の認識を変えることがとても大切なのです。

 

私も病んでしまった時、今の自分から抜け出したい、今の自分は耐えがたい、認めたくない、などと毎日思っていました。やがて死んでしまいたいとまで思うようになり、とても苦しみました。

 

私が泥沼から抜け出ることができたのは、自分自身が自分を救ったからです。

 

今の自分をそのまま認めよう、何もできなくなってしまい、病んでしまった自分だけど、すべてを意味があるものと受け入れ、現実に抵抗することを止めました。こんなはずじゃなかった、どうにかして現実を変えなくてはならないと今に抵抗することは治癒には向かいません。どんなに痛みがあろうとも、不調があろうとも、ただ無抵抗になってみてください。あらゆることに抵抗することをやめよう、どうなっても構わない、と自然に任せてみるのです。すると今まで見えなかった力を感じることができます。すべてをよい方へ導いてくれている力に気づくことができます。自分でどうにかして治そう、よくなろうとすることは、必ずしもよい結果を招きません。もちろん勇気や信念は大事です。しかし今を拒絶し、抵抗することは治癒力を低下させてしまうことにもなるのです。

 

どんな自分であれ、今この瞬間にすべては与えられていると気づくことができます。何かが足りていないと感じていた心は惑っていただけだとわかり、本当に大切なことはすべて与えられいる、このことに気づいた時、心の中に安らぎが生まれます。どんなにつらい感情が潜在意識の中で自分を苦しめていたとしても、このわずかに生まれた安らぎだけが真実なのです。

 

このわずかな光を頼りにして暗闇を歩いて行くことができます。歩いて行かなくてはいけないのです。決して苦しい感情にピントを合わせずにいれば、今の自分が完全ですべて満たされているという「気づき」は、どんな暗闇においても明かりとなって足下を照らしてくれるのです。

 

体が痛くても、めまいがしても、気持ちが悪くても、今現在を敵視せず、大切な友人として招きいれることができれば、未来は必ず変わります。

治らないと思われていた病気であっても、余命を宣告された病気であっても、今現在が完全で幸せにあふれたものであると何度も感じ続けるのです。気づきから生まれたわずかな安らぎを感じているのです。その背後にある「恐れ」「不満」は自分が無視しているうちに自分から切り離され、やがて消えていきます。それを一度でも体験すると怖いものがなくなるのです。自分の感情こそが自分を苦しめていたのです。しかしそれはどうすることもできないほど強い存在ではありません。ポジティブ思考で対抗する必用もありません。「恐れ」「不満」には「気づきから生まれる安らぎ」だけで十分なのです。

 

その認識、心の中のわずかな安らぎが未来を最善のものに導いてくれます。

 

私のところに来て下さる方にこのような話をすることがあります。中にはとても認識に変化が生まれ、劇的に改善されて行く方もいます。自分を救えるのは自分しかいません。

 

「でも、そのように思うのは難しいですよね、できませんよね」、このように言う方もいます。

 

しかし大事なのは気づきです。豊かさは常に与えられているのです。自分で思い込むことではありません。すでに与えられている豊かさに気づくだけです。

 

体が病んでいるのだから完全ではない、満たされていると思えるわけがない、このような意見があるのもよくわかります。しかし、今の状況は自分に責任があるのです。

今がどんな状況であれ、自分がどのように受け入れるかは選択することができるのです。私よりももっとつらい闘病をされている方もいると思います。本当に苦しい時、それができるか、私も簡単ではないと思います。つい感情に流され、ただここから抜け出したい、逃げ出したい、なにもかもが嫌になる、このようになってしまうかもしれません。

 

しかし自然に生かされていることを思い出すと、すべてを抵抗せずに受け入れることが最善であると気づくことができます。

そうしているうちにすべては既に与えられていた、豊かさはすでにあったとだんだん気づくことができると思います。私もそうでした。

 

何もかも思い通りならないと不満だと思って来た人ほど現実を受け入れることが難しいのです。自分の力だけを頼りに豊かさを手に入れることばかり考えていた人ほど、視点を変えることができません。

世に中には豊かさが限られていて、優秀な人だけがそれを得られると信じてきた人ほど、今の病気になった自分を否定してしまいます。

 

私は二度と歩けなくなるかもしれないという状況から、歩けるようになりました。二度と仕事ができないかもしれないというところから復活することができました。

その体験から歩けるだけでも幸せ、仕事ができることだけでも幸せだと学ぶことができました。

 

本当は今現在、素晴らしい幸せを与えられているということに気づくことができるか、それだけだと思います。豊かさは心の中にあり、いつでも感じることができると気づくことだけだと思います。

 

そして必ず今の自分の心の豊かさが数ヶ月後の幸せを運んでくれます。今、をリセット、〇地点とし、素晴らしい未来を自分自身で作っていきましょう。