慢性前立腺炎完治しました

BLOG

慢性前立腺炎完治しました

2018年12月06日 木曜日

慢性前立腺炎という病気は頻尿や排尿時の不快感、痛み、膀胱の違和感、睾丸、肛門、会陰部(性器と肛門の中間点)、尿道の痛み、骨盤内関節の痛みなどの症状があり、非細菌性である時、病院で診断されます。

 

現在、慢性前立腺炎で苦しまれている方にぜひ、読んで頂きたいのですが、慢性前立腺炎は恐れる病気ではありません。私は完全に治すことができました。私以外でも改善、完治している方は複数います。病院治療とは正反対の体、心へのアプローチ、そして必要な健康法を納得して行い続ければ治る可能性が出てきます。今回から少しまとめて慢性前立腺炎に関するブログを書いてみたいと思います。

 

症状が続き、検査を受け、細菌が発見されれば、抗生剤でほぼ治るかと思われます。しかし細菌が見つからないケースでも抗生剤を長期間処方する病院もあります。この場合、検査でわからない細菌がいるはずだという医師の考えによるのですが、抗生剤の長期間服用、複数の抗生剤を続けることは生命の危険に陥ることがあると私は思います。

 

私は自分自身が慢性前立腺炎になり薬害で悪化した実感を持っております。病院を巡り、薬だけ増えるということがないようにした方がいいと思います。

 

慢性前立腺炎という病気は前立腺が炎症を起こしているという病気ですが、私が知る限り細菌が発見されなくても、前立腺に明らかな変化が無くても、症状が続いているだけで慢性前立腺炎と診断されることが多くあるように思います。

 

私自身、いくつもの泌尿器科を巡りましたが、精密検査をせずに、細菌が発見されない段階で慢性前立腺炎とほとんどの病院で診断されました。「あなたのような病気は慢性前立腺炎と言って、即効性のある治療はありません。こちらの薬(セルニルトンなど)を試してみてください。お酒を控えて、ストレスを溜めないようにしてください」だいたいこのような説明を受けました。

 

ちなみに私はオーストラリアの病院も複数行きましたが、すべて異常なし、あなたは病気ではないと言われました。日本の病院より細かく前立腺などを触診してもらいましたが、病名は付きませんでした。

 

私は病名をすぐに付けてくれる日本の病院の方が進んでいると思っていましたが、今になって思うことは、日本の病院は病名を付けたがる傾向があるということです。ここでは書きませんが、違う病気についても同じことを体験しました。

 

例えば自律神経失調症という病気はオーストラリアには無いと聞きました。それらは検査基準で異常が出ない限り病気ではないと言われます。日本には未病という言葉があり、病気になる前の段階の異常を無視せずに治療をした方がいいという考えがありますが、その影で病気に対する思い込み、恐怖心などが起きやすい土壌があるのではと思います。

 

オーストラリアの医療は決して遅れてはいないようです。多民族国家であり、多くの国から医者が集まるため古い体質が続くようなことはないと聞きます。

 

とにかく慢性前立腺炎の症状があっても、海外では異常なし、病気ではないと言われることが通常であるのです。そして何でも薬で解決しようとせず、代替医療や自然療法、メンタルケアなどを勧めてくれることもあります。

 

慢性前立腺炎です、と病院で言われ、この病気に関してネットで検索して調べる人が多くいると思います。そしてすぐに、とてもやっかいな病気にかかってしまったという不安を強くしてしまう人が多くいるのです。

 

病院で診断され、病気を検索してから症状が重くなりませんでしたか?この病気がどのような病気か調べれば調べるほど、症状が悪化してしまう可能性がありますので、必要以上に調べない方がよいと思います。

 

なぜ悪化する可能性があるのかというと、悲観的な話が多く載っているからです。すぐに治るから心配いらないという記事は見つかりません。しかし、どんな症状でもネットには悲観的な記事がたくさん載っていますので、一瞬にして脳にインプットしてしまうリスクがあります。

 

私は本当に慢性前立腺炎は治ると思っています。しかし、私がそうであったように医療機関に関わったばかりに悪化していくことがあり得ると思っています。お医者さんから「治らない」「治りにくい」「長年患っている人が多い」「即効性のある薬はない」などと言われ、自分で治らない病気に掛ったと思いこむことで「本当に治らなくなってしまう」という恐ろしいことが起きてしまいます。

 

この医者の言葉の呪縛によって起きる悲劇はこの病気に限ってのことではありません。世の中の難病と言われている多くの病気が実は「思い込み」によって治らなくなっていると私は思っています。

 

また思いこみだけではありません。実際に行われる薬物療法や外科的な処置によって「治らなくなっている」可能性もあると私は思っています。

 

私の考えはこれまでにも書いてきました。私が健康を取り戻してから考えは一度も変わっていません。慢性前立腺炎と診断された方で細菌が存在しなかった方、前立腺の異常、膀胱の異常がはっきりと断定されなかった方に薬は必要ありません。自然療法、そして健康法の実践で治る可能性が非常に高くあります。

 

先に大事なことを書きますが、ストレスの問題、生活習慣の問題も完治には関わってきますが、まず大切なのは体のバランスを整えることです。現在、失われているバランスを一定期間自然療法、健康法で整えていくことが、まず優先するべきことです。ほとんどの方にとって有効なのが光線療法であり、何よりも優先して光線療法を取り入れる必要があります。そして睡眠と食生活の改善です。人によっては運動を摂りいれる必要もあります。

 

人によっては過去に体内に入り、蓄積された科学製品などが影響していることも考えられます。しかし自然療法、健康法(食事、運動も含む)は、どのような方にも有効であることの方が自然な考え方であり、毒素の排出に時間が掛るだけと思っていただければと思います。

 

私は慢性前立腺炎の患者さんで病院治療を数か月続けても改善しない場合、すぐにでも自然療法、健康法に舵を切り替えていただきたいと思っていますが、すべての人に有効であるとは決して言いきれるものではありませんので、過信だけはしないでください。

 

ただ、日本人は世界的に見ても病気に対してすべて病院任せにしてしまう傾向が強く、病院治療がすべて、いい病院に出会えるかがすべてだと信じている人が多すぎます。そのため、自分の体に何が起きているか、それを感じようとせず、すぐに情報を調べたり医者に委ねたりしてしまう人が多くいます。これはいかなる病気のケースでも危険があります。もちろんすべて自己判断する必要などありませんが、どんな病気でも薬で治るはずだと、自分の責任を放棄してしまったところから長年苦しんでおられる方も多くいるのです。

 

そのため明らかに不自然な生活が続いていた人や、ストレスが多かった人、自律神経や体のバランスが崩れていると感じている人は、まず自分で修正する意思が必要だと思います。その上で足りない部分を自然療法で補う、薬で補うという考えを持ち、病気、健康に対して主観的になり、責任を負うという気持ちになるところから事態は好転してきます。

 

私が慢性前立腺炎を完治させることができたのは本当です。しかも相当悪化もしました。頻尿もどんどんエスカレートしましたが完全に克服しました。夜中に何度もトイレに行っていたのが、今では朝までぐっすり眠れます。

 

同時にうつ病、パニック障害、不安恐怖症も発症してしまいましたが、それらもすべて完治させることができました。病気で苦しんでいた私を見ていた人は奇跡だと言います。お医者さんも驚いていました。「どうして治ったの?」と聞かれました。

 

私が特別であったわけではありません。私は治し方を見つけただけです。その答えは病院にはありませんでした。お医者さんから教えていただくことはまず期待できません。

 

私が治した方法は私以外にも有効であることが、どんどん証明されてきています。私は病気を完治させてから「療法院」を開きました。そこで私が最もお勧めする「光線療法」手技療法、びわの葉温灸などを行い、カウンセリング、体操指導、呼吸法指導などをさせていただいていますが、3か月以上通われた方の9割が改善を実感されていて、その中には完治を実感されている方も含まれています。

 

慢性前立腺炎と診断された方の中には膀胱の異常も診断された方もいて、膀胱に炎症があるのかないのか、よくわからない状態の方がいます。前立腺と同じような状況です。

 

仮に炎症があったとしても、治すことができるのは薬ではないと私は思います。治すのは自分の体に与えられた治癒力です。転んで膝が擦り剝けても、口の中に口内炎が出来ても、骨折しても、治す力が自然に働いて治してくれます。ウイルスに感染した時も死んでしまう人は生命力が弱っている人で、生命力がカギを握っていてほとんどの方が風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどを克服していると思います。

 

膀胱や前立腺に炎症は本来ないと私は思っていますが、決めつけるのはよくないので、仮にあったとしても、治らないのは免疫がしっかり働いていないから、ホルモンの分泌がおかしいから、自律神経の働きが崩れているからです。脳が疲労して緊張が続くと体の弱い部分に緊張を作り、それが炎症のようになることもあります。その異常に対して対症療法を繰り返しても解決にはなりません。体の失われたバランスを根気よく治していくこと、これ以外に治る道はないというのが私の考えです。

 

そのために有効なのが血流の改善です。自律神経にもホルモン分泌にも免疫システムの改善にも脳の緊張、疲労改善にも血流の改善が重要なのです。

 

血流をよくするためにできることはいっぱいあります。

 

有酸素運動、ストレッチ、お風呂、マッサージ、体を温めることなど、できることをマイペースで行うことが大切ですが、普通はこれだけでは好転しません。負のスパイラルが強すぎて太刀打ちできないのです。(一般的な例では)

 

私自身が克服できたのも自分の努力ではどうにもならず、歩くこともだんだんできなくなり、食事も食べられず、いくら体を温めても血流が良くなる気配はなく、どうにも転げ落ちていく自分を止めることができないと感じていました。

 

そして私は光線療法に出会い、それだけを徹底して行ったのです。その期間、約3か月。仕事もできなくなっていた私は光線療法を徹底して行い、体を温めて脳を休めることに成功しました。

 

そして転げ落ちていく感覚しかなかった日々から、好転していく感覚を得ることができたのです。

 

そこからは少しづつ運動を増やして、食事も摂れるようになり体力も戻っていきました。精神的にも楽になっていき、不安に飲み込まれることも無くなっていきました。

 

つらい症状も小さく感じるようになり、やがて症状を忘れている時間が多くなり、症状のない日が訪れ、症状がたまに来てもすぐに消えていくようになっていきました。

 

そして慢性前立腺炎、うつ病、パニック障害、不安恐怖症は完治したのです。

 

不安や恐れ、怒りなどの気もち、感情と症状は関係があります。私が完治させる上で不安や怒りなどの感情とどのように向き合うかがとても大切でした。向き合い方がわかれば必ず不安も恐れも怒りも消えていきます。