糖質制限の落とし穴

BLOG

糖質制限の落とし穴

2018年01月31日 水曜日

糖質制限という食事法が流行っています。

目的は主にダイエットですが、体質改善として行う人もいます。糖質制限は健康に良いのでしょうか。

 

実は私も糖質制限をしています。糖質制限をすることで体調を良くすることは可能です。しかし制限の度合いに注意が必要です。

 

私の場合、炭水化物は抜きません。炭水化物も健康には必要だと考えているからです。これは学問的な意見を取り入れたのではなく、自分の体の声を聴いて判断しています。

 

炭水化物は主に小麦粉、ごはん、とうもろこし、そばなどでしょうか。私はお米(玄米も含む)とそばはよく食べていますが小麦粉はできる限り少なくするようにしています。なぜ小麦粉をほとんど食べないかというと食べないほうが体調がいいからです。

 

現代の日本人の食事には小麦粉がとても溢れています。パン、パスタ、焼きそば、たこ焼き、お好み焼き、ラーメンなど、毎食小麦粉が主食になっている方も少なくないのではないでしょうか。

 

私も以前は小麦粉をよく食べていました。パンも好きですがイタリア料理の研究を長年していたこともあり、パスタ類、ピザをよく食べていました。ラーメンも週に一回は食べていたと思います。

 

私は体質改善を本格的にしなくてはならない状況になり、小麦粉を控えてみたのです。すると効果はすぐに現れました。腸の調子が良いのです。そして体が軽く感じ、精神的にも楽になったように感じました。私の場合、完全にやめた訳ではありません。たまにパスタ、うどん、ピザなどは食べます。しかしその回数をかなり減らすことで体調が明らかに良くなったのです。

 

それはなぜか、よく言われるグルテンの問題もあると思います。小麦粉は日本人が消化しにくいと言われています。毎食のように食べていると腸に負担がかかり、老廃物がたまる原因になるのだと思います。

 

お米に関しては小麦粉と同じようには考えていません。私の場合、一日に一食はお米を食べるようにしています。その理由はエネルギーを蓄えるのに炭水化物も必要だと思っているからです。炭水化物を完全に抜いてしまうと筋力が落ちます。体重が減るのはいいのですが、筋肉まで落ちてしまうとエネルギーの生産能力が落ちてしまい、動けなくなってしまうと感じます。ただ、炭水化物は全体の食事の3割以下にしています。そうすることによってバランスが整っている気がします。

 

炭水化物以外の糖質、いわゆる砂糖は要注意です。砂糖を摂りすぎていると体質は悪くなる一方です。体が冷え体質になっていくのとホルモン分泌に影響が出る可能性があります。

 

果物も糖質で、果物も食べない方がいいと言う人もいます。私は果物は食べたほうがいいと思っています。それはなぜか、糖質制限、炭水化物ぬきダイエットを行う人の落とし穴になっていると思われる理由からです。

 

糖質制限を一生懸命やっている人の中で肉類はどれだけ食べてもよいと思っている人がいます。そのようなことが書かれている本が売られているので無理もありません。しかし、本当に肉類は糖質ではないのでどれだけ食べても健康には害はないのでしょうか?

 

炭水化物、糖質を控えて肉や魚ばかり食べている人は腸環境がおかしくなっている可能性があります。それは腸の中の悪玉菌が増殖し腐敗した老廃物が増えているからではないでしょうか。

 

肉類を多く食べると消化にエネルギーが必要になります。その消化酵素を無駄使いすることで老化現象が現れます。それでも消化が追いつかず、腸環境が悪化してしまう人が多いように思います。私も一時、それを感じました。

 

動物性たんぱく質も健康には必要だと思っています。私は毎日動物性たんぱく質を食べていますが、それよりも重視しているのが酵素です。酵素は体の中で作られるものでもありますが、食べ物として摂ってあげないと健康を維持することは難しいのです。その理由は私たちの体は酵素によって作られていると言っても過言ではないくらい、酵素にあふれているのです。

 

ホルモンの研究が進んでいますが、酵素についての研究も始まったばかりです。人間の体には外から酵素を補給してあげないと健康は維持できないのです。また若々しい体を保っている人の食事には酵素食が見られます。

 

酵素は何を食べたらいいのでしょうか。酵素食品として売られているものもありますが、お勧めは生野菜と海藻、フルーツです。これらが少なくなると酵素不足になる可能性があります。また発酵食品の中にも酵素が多く含まれます。漬物、みそ、納豆、麹などです。その他の発酵食品でももちろん摂れます。

 

お肉、魚も酵素が摂れます。しかし熱を入れると酵素は死んでしまいます。魚のお刺身などは酵素が期待できると思います。

 

野菜やフルーツなど火が通っていないものだけを食べる方もいますが、普通の体質の方がそれをすると冷え体質になる可能性があります。私は温野菜も熱を入れた料理、例えば根菜類の煮物なども必要だと思っています。

 

酵素や腸環境によい野菜をしっかり摂り、肉類や揚げ物などに偏らない食事が大切です。そしてエネルギー生産のためにはお米は食べた方が良いと思っています。

 

アレルギーや自律神経の異常を感じておられる方には小麦粉を控えることをお勧めします。それによって腸から元気になるからです。また酵素をしっかり摂り、細胞が若返るように意識されることをお勧めします。