間質性膀胱炎は恐れる病気ではない

BLOG

間質性膀胱炎は恐れる病気ではない

2017年07月26日 水曜日

間質性膀胱炎と診断された方、自分もそうかもしれないと思っている方にとっては、現在、大きな不安の中におらることと思います。

 

現代はネット社会であるので、様々な情報が得られますが、知らなくてもよい情報までインプットしてしまい不安が大きくなる患者さんが少なくありません。

 

本当に必要な情報は一握りです。特に患者さんが発信される情報の中には誤って悪化してしまった情報もあり、読まなくてもよい情報が多いと思われます。

 

どんな病気であっても、治らないと思いこめば悪化していきます。例えそれが風邪であったとしても思い込みで深刻に病んでいくということが実際にあります。

 

最も大切なのは必ず治るという認識を持つことです。間質性膀胱炎は決して恐れる病気ではありません。治らない病気ではありません。

 

なぜ医療関係者の情報でさえ深刻になってしまうのか、それは過去に治らないで苦しんでいた患者さんを見てきたからだと思います。治す自信がないのだと思います。しかし、病院で治らない病気というのは多くあります。ほとんどの慢性病は病院では治りません。ただ対症療法を繰り返すだけで、根本的な体質改善、病根の改善ができなければいずれ力尽きてしまいます。

 

現在、病院で治療をされているとしても対症療法の域を超えた治療をされている方はほとんどいないのではないでしょうか。対症療法というのは症状に対して行われる処置で患部に向けて薬を施したり、手術をして切断してしまうような治療です。

 

なぜこの病気になったのか、その深い原因に辿り着き、根本的な処置をしなくては慢性病が改善することはありません。

 

家が古くなり部分的な修繕を繰り返しても、地震に耐えられずに崩れ落ちてしまいますが、土台が腐ってきていることを見逃さずに基礎工事からやり直せば、家はまだまだ住めるようになります。

 

慢性病というのは土台が腐りかけている家と同じようなものです。簡単に治ると思っていると取り返しのつかないことになりかねません。

 

簡単に治ると思っていたから病院ですぐには治らないと言われてショックを受けてしまうのです。初めから期待していなければ大きなショックを受けることはありません。病院での対症療法を主と考えるのでなく、自然療法、健康法によって体質を変えていく努力を主とし、必要に応じて薬の力を借りるという考えの方がよいと思います。

 

私は間質性膀胱炎という慢性膀胱炎の一部の病気が実に深刻な事態を招いているか知っています。間質性膀胱炎という病気は文字通り膀胱の間質層にまで炎症が浸透している病気で難病と言われています。

 

最近まで間質性膀胱炎と言われる方の中には慢性膀胱炎の方が多くいて、病名だけをつけられるケースが多くありました。現在は慢性膀胱炎という病気が認知されてきているようですが、いまだ慢性膀胱炎ぽい人が間質性膀胱炎と診断されてしまうことがあると聞きます。

 

私は膀胱に詳しい専門家ではありません。医学的なことはわかりません。しかし間質性膀胱炎と診断され治る見込みがなく、絶望しかけているのなら、これから私が書く内容を真剣に読んでみてください。例えあなたの体に何が起きていようが、もし治る可能性があるとしたら私の考えに沿った改善法を実践するしかないかもしれません。

 

少なくとも私の考えには自分の欲や他人への攻撃などの思いは一切ありません。私の考えを通して一人でもこの病気から救われるのであれば私の目的は果たされます。もし、何か治る力を感じ取れるのであれば、自分の直観を信じて一歩前に進んでみてください。自分を最後に救えるのは自分しかないのですから。

 

間質性膀胱炎は慢性病なのでしょうか。私はそうだと思っています。血流の悪化、自律神経のバランスの崩れ、ホルモンバランスの崩れ、免疫システムなど体の生体バランスの崩れが生じ、それと同時に内臓機能の疲労、神経トラブル、脳内神経伝達物質の分泌異常なども加わっている可能性があります。

 

これらの生体バランスがあるところまで崩れてしまった状態でストレスに対する受容に問題が生じ、脳が過敏に反応しだします。さらに膀胱に関係する器官や神経のトラブルなどが関係し、間質性膀胱炎の症状が慢性的に発生することがあるのです。

 

一度脳が症状を記憶すると神経回路が徐々に強化され、すぐに症状が発生するメカニズムが作られてしまいます。不安などが続くとそれによっても症状が重くなるという悪循環が体の中に作られてしまうのです。頻尿なども同じ原理で強くなっていきます。重要なのは膀胱に深刻な問題が起きていなくても間質性膀胱炎の症状が現れ、続くことがあるということです。

 

なぜかと言うと、私も膀胱に器質的な変化、硬直、炎症があると言われ、一生治らないと医者に言われたことがあります。その言葉によって膀胱に対する意識が過敏になり、その病院に行ってから急速に悪化した経験を持ったことがあります。

 

私が完治させることができたのは、膀胱には何の問題もないと脳の思い込みを書き変えることからでした。全身の血流、自律神経を整えていけば必ず治るという自分の直観を信じるしか、生きる道はありませんでした。誰かに言ってもらえたらどんなに楽だったわかりません。

 

私の周りの知人はすべて、病院の言う通りにした方がいいと手術や薬治療を勧めてきました。最初は私もそれが最善だと疑いませんでしたが、病院に関わる度によい方向へ行かないことに気づき、膀胱に問題があり、一生治らないと言った医者の方に間違いがあったのではないか、このように思ったのです。

 

私はどん底の中で、自分の直観に従い、病院治療を一切やめ、膀胱には何の問題もない、脳の誤作動が治まればすべて治る、やるべきことは血流を改善することだと自分に言い聞かせました。

 

当時の私は重いうつ病も発症していました。このうつ病も全体の生体バランスの崩れから来ているということを信じました。私の自律神経はとても崩れている実感があり、脳への血流がとても悪くなっている実感もあったからです。

 

うつ病が治れば体の不調も消えるはずだ、私は自分で様々な慢性病克服の体験記を読み、このように結論づけました。

 

私は病院に行くことに未練はありませんでした。そして毎日死にたくて仕方がない気持ちと闘うことに疲れていました。そのような極限状態になった時、直観が働いたのだと思います。

 

私が思った通り、血流が改善されてくると自律神経もよい方向へ向かいました。それに比例してうつ症状も体の不調も和らいで行ったのです。慢性病体質はすぐには動きません。重い岩を動かすのと同じです。それでも心を乱さずに注力していけば必ず体は変わってくれるのです。

 

私だけの体験記ではありません。私の療法院には間質性膀胱炎、慢性膀胱炎と診断された方が多く通っていますが、難しいことを一回リセットして血流の改善を光線療法によって行うことに集中することで、明らかな改善、完治を実感されている方が何人もいます。その中には膀胱に明かな炎症があると診断され、水圧拡張などの処置を繰り返していた人も含まれます。

 

このことからわかることは、間質性膀胱炎と診断された方のすべてに私の考えが当てはまる可能性があるということです。

 

なぜ病院では炎症が指摘され、治療をしなくては治らないと言われてしまうのでしょうか?これについては軽はずみには言えませんが、あらゆる病気に対して同じことが起きているのです。難病と言われている多くの人が実は本来自然治癒するはずの病気であるにも関わらず、医療に携わることで治らなくなっているケースが存在するというのが私の考えです。

 

繊維筋痛症にしてもそうですが、自律神経の不調から起きる免疫システムの異常が原因である可能性が高く、これも血流の改善を光線療法で根気よく行っていれば治る可能性があると私は考えています。

 

間質性膀胱炎の症状だけでなく、うつ症状、胃腸の不調、慢性疲労、不眠、関節痛、めまい、耳鳴り、頭痛、腰痛、首痛などを少しでも感じるのであれば、全身のバランスが崩れている中で膀胱に症状が氷山の一角として現れているのであり、なぜ膀胱の異常として現れるのかと言うと、膀胱や泌尿器系が疲労していた可能性はあります。しかし症状ほど膀胱が弱っているわけではなく、わずかな違和感を脳が過敏に反応しているのです。1しかない違和感を6,7,8あると感じてしまうのは自律神経の不調、血流の不調に伴い、脳に誤作動が生まれているからであって、このことをまず知ることが完治させていくためにとても大切なのです。

 

なぜなら病院治療を続けながらでも自然療法や健康法は始めることができて、併用することに問題はないからです。自然療法(光線療法)や健康法を続けているうちによくなる可能性を感じ、病院に行く必要性がなくなる人も多くいます。

 

そしてこのブログでは詳しく書きませんが、このような事態に陥る最も大きな原因となるのがストレスです。慢性的に抱え込んだストレスが大きな原因であり、食生活などの生活習慣の乱れが加わることで様々な病気を発症することがあり、間質性膀胱炎の症状もそれに当てはまります。

 

ストレスによって作られた病気はストレスから解放されると急速に回復していきます。私のところに来られている方でも、自分が抱えていたストレスに気づき、手放したとたんに症状が消えた経験をした方が何人もいます。ですのでストレスについて知ることはとても重要で、このブログや私の他のブログを読んだだけで症状が消える人もいると思います。

 

人によっては何か大きなショック、大切な人やペットとの死別、リストラ、離婚、裏切りなど何かが引き金になることがあります。また転勤や引っ越し、仕事の問題など、それほど大きなストレスではないものが重なることでも、結果的に大きなストレスと同じになり、発症することがあります。また強く消耗したり、疲れ切ったり、体をとても冷やしたりすることで発症することも考えられます。自己嫌悪が続いたり、寝不足が続いたりすることも要注意です。

 

ストレスについて深く書いているブログもありますのでぜひ、読んでください。私と実際に会って話をすることでストレスから解放されるということがよくあります。また治らないと思いこんでいた脳がリセットされ、たった一回会っただけでもとても楽になったと言われる方が少なくありませんので、お時間のある方はぜひご予約の上当院にいらしてください。

 

何度も書きますが、もっとも大切なのはストレスの手放しです。それも自分では気づいていなかったストレスに気づき、手放すことです。それだけで瞬間に血流が蘇ることさえあるのです。

 

自律神経が大きく崩れてしまうと社会復帰できなくなるほど健康を崩してしまいます。検査をしても異常が出ませんが、症状としては本当につらく、本人からすると生きていることもつらく感じてしまいます。うつ病が重くなると生活にも支障が出てきます。

 

そのため私は薬や手術に頼らず根本的な体質の改善に取り組むチャンスを天から頂いたと受け止め、病院に頼らずに自分の健康は自分で取り戻すと一念発起する必要があると思うのです。

 

ある程度自律神経やホルモンバランスが崩れてしまうと、少々運動をしたり食事を改善しても事態が変わらないことがあります。誰かの助けを借りたい、何かの力を借りたいと思うのは当然です。すべてを自力で乗り越えられる人などほとんどいません。

 

血流の徹底的な改善、自律神経の改善、ホルモンバランスの改善をある期間、注力して行えば崩れていた体のバランスは必ず戻ってきます。しかしその期間、努力の量には個人差があります。ある程度行うことですぐに良くなる人は、体質を悪化させていた期間が短く、その根も浅い人です。長い期間かけて慢性病体質を作ってしまった人はそれなりに時間と根気が必要です。なかなか良くならないとすぐに治してくれる病院や治療があるはずだとすぐにあきらめてしまう人がいますが、私はとても残念に思っています。自分の体のことは自分がよくわかっているはずです。これまでのツケを払わなければ健康は戻ってきません。

 

私のように病院治療を行ってもよい方向へは行かないと散々経験した人は信念を持つことができますが、病院では治らないと思い知った頃には相当病んでしまうこともあり、できる限り早く根本治療に切り替えることをお勧めします。なぜなら薬を続けると根本的には体が弱っていくからです。今、必要なのはバランスを整えること、体をしっかり休めて、気を蓄えることです。

 

間質性膀胱炎が血流の低下や自律神経の不調、ホルモンバランスの異常から起きているとは考えられない、起きているのは膀胱の炎症だと思われている方もいると思います。

 

 

膀胱に単純に炎症があり、病院で簡単に治る方もいると思いますので、病院での検査はするべきだと思っています。しかし外科的な処置や薬の長期服用はできるだけ避けた方がよいのではないかというのが私の考えです。ある程度病院に通って、改善しないのであれば考え方を変えるべきだと思います。病院に頼るのは急性の病気だけで慢性病は自分で治すしかないのですから。

 

また明らかな炎症が膀胱内に見られる場合、その炎症が自然治癒せずに悪化している原因について考えなくてはなりません。本来自然治癒するはずの炎症が治らないのは生体バランスの崩れ、そして精神的な影響、さらにはしなくてもよい処置をしてしまったための影響ではないかと私は思います。

 

生体バランスの崩れというのは血流や自律神経、免疫システムなどですが、ストレスによって体に緊張が作られると瞬時にして炎症が体のどこにでも作られます。また免疫システムが異常になることでも炎症や傷が作られる可能性があります。

 

常に心配し、不安になり、イライラしたり、情緒不安定になると炎症が作られたり、治らなかったりします。まず大切なのは治らないかもしれない、このまま苦しみが続いたらどうしよう、耐えられないかもしれないなどという不安の思い込みから、自然に治る、大丈夫だという安心感に変える必要があります。そのためには必要な療法、健康法を続けているという精神的な軸を持つ必要があります。ずっと病気を恐れていたり、イライラしたりするとそれだけで炎症が作られることもありますし、治らない傷として残ることもあります。これらの精神的な問題を解決するのも血流の改善がカギを握っています。どんなにマイナス思考が強くなってしまっていても必ず元に戻りますから心配はいりません。一日でも早く悪循環の流れを断ち切るために、必要な療法を受けていただきたいのです。

 

もし現在、大きな不安の中にいて、夜も眠れず、休まる時間を持てていないのなら、自然治癒していく方向には行っていません。熟睡できるようになり、脳や体を休息させることができるようになると、自律神経は自然に整い、ホルモンバランス、免疫システムも自然に治ってきます。

 

その上でまず大切なのが血流です。とにかく血流をよくすることに注力してください。体を温めることしかできない時は、それだけを徹底的に行うのです。病院の寒いロビーで待っている場合ではありません。冷え切った体を温めることからすべては始まります。

 

ホルモンバランスを整える、内臓機能を整えるためには食事も大切です。ここでは詳しく書きませんが、バランスよく、規則正しい食事に戻し、腸環境から健康にしていく必要があります。

 

また自律神経を整えていくには運動も大切です。有酸素運動やストレッチ、呼吸法などを定期的に行い、筋肉を柔軟にし、体中に酸素を送ってあげます。

 

私の療法院では患者さんごとに改善プログラムを作り、食事のアドバイス、運動指導、呼吸法指導などをさせていただいています。自分だけでできる人は一握りです。また時間が掛かります。プログラムを利用することで短期間で体質改善が期待できます。

 

当院に3か月以上通われた方の9割の方が改善した実感を持たれています。仕事に復帰できた、旅行に行けるようになった、不安が消えたなどを実感される方、中には完治を実感された方も複数います。

 

私は間質性膀胱炎の患者さんに有効な療法として光線療法をお勧めしています。

 

この光線療法をするのとしないのとでは違いが出ます。恐らくこの病気はビタミンDとの関係があるのではないかと私は思うのですが、光線療法を始めてから症状が楽になったと実感される方が多いので、当院に来ていただいた方のほぼ全員に受けていただいています。

 

光線療法の説明は今回は省きますが、遠方にお住まいで光線療法を近くで受けられないという方は自宅に光線療法器を設置され、自宅で治療をされることをお勧めします。

 

現在、北は北海道から南は九州まで自宅に光線機を設置して治療をされている方が多くいます。私は電話やメールでアドバイスを差し上げ、改善されている方が多くいます。

 

光線は間質性膀胱炎だけによいわけではなく、ご家族の健康維持、慢性病克服の上でとても力になるものです。もしご興味がありましたら詳しくご説明しますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

本当に膀胱には問題がないと思っていいのでしょうか、何を信じたらよいかわからなくなっています。難しいことはわかりません。。(患者さん談)

 

当然みなさん苦しみの中におられますので冷静に判断することは難しいと思われます。しかし仮にそうかもしれない、難しいことはわからないが、膀胱に問題はないと一回頭を切り替えて、自然療法と健康法をやってみよう、こう思っていただきたいのです。それも3か月でいいのです。3か月それを行って改善すれば、やっぱりそうなのかと確信になると思いますし、3か月自然療法に注力することがマイナスに働くことは考えずらいと思います。ガンであれば一刻を争うかもしれませんが、3ヶ月間、病院治療を止めても問題は生じないと思います。それどころか光線療法はガンの方が多く選ばれている療法です。腫瘍でさえも過去に治癒した例がいくつもあります。

 

光線療法はあまり知られてはいませんが、多くの難病を治した実例が多くあります。ガンもそうですが、慢性病やうつ病など治った例が本当に多くあり、神経まひや脳梗塞など医師も驚く回復を見せた人も多くいます。また骨折や傷、やけどなどを短期間で治した例は多く、仮に膀胱に炎症があっても、深刻な病があったとしても、光線療法を選択することは最善だと私は思っています。

 

現在の状態がどうであるか正確に理解する必要もありません。仮に血流でも自律神経でもホルモン分泌でも免疫システムでも炎症でも、そのすべてに癒しをもたらすものが光線療法であるので、任せていれば大丈夫なのです。

 

間質性膀胱炎の症状が出てから病院治療を始めて一年以上経つ方も少なくないようです。根本的に体質を改善していく期間は長い人でも1年です。1年で体は健康を取り戻すというのが私の考えです。また、自然療法は副作用がなく、すぐには良くなっている実感が無かったとしても、確実な一歩を進むことができます。これまでどこに向かっているかわからず不安に飲み込まれそうになっていたのとは違います。目的地行きの汽車に乗ったのと同じです。後はあせらずに進んでいれば、必ず目的地に辿り着きます。

 

自分は前に進んでいる、いつかトンネルを出た先に素晴らしい光景が広がっていると、みなさん希望を持って取り組んでおられます。病気を克服した時には以前よりも強く、前向きで、頼らない自分に出会えると思います。

 

ぜひこの病気になったことを恨まず、意味があることと受け止め、乗り越えてください。私にできることがありましたら力になります。

 

今回のブログはとても長くなってしまいました。最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

私はブログ内でできるだけ情報を完結させ、ブログを読んだだけでも楽になったり、方向性がつかめたりするために解決策もすべて書いているため、どうしても長文になってしまいます。答えはカウンセリングでお答えします。お問い合わせいただければお答えします、というのは嫌いなため、できるだけ書いてしまいます。

 

それでも書ける内容は不十分です。そのことを前提にお読みいただき、参考になることがありましたらぜひ、生かしてください。またこれからのブログもお読みいただければうれしく思います。