THOSE WHO WERE DIAGNOSED

間質性膀胱炎、慢性前立腺炎と診断された方へ

間質性膀胱炎、慢性膀胱炎、過活動膀胱、慢性前立腺炎と診断された方へ

 

慢性的に続く膀胱の違和感、痛み、頻尿、排尿時の違和感、尿道の痛み、会陰や肛門付近の痛み、恥骨や骨盤内の神経痛などがある場合、病院での検査がまず必要ですが、細菌感染が見られず、病院治療では改善しない、もしくは病院治療を受けたくないと思っている方に当院で受けられる光線療法、手技整体、はり灸による治療をお勧めします。(はり灸は同じ建物内にある鍼灸院で受けることができます)

 

光線療法、手技、はり灸を組み合わせることで慢性的に続く膀胱の不調、骨盤内の疼痛に改善が期待できます。

 

また当院独自のカウンセリングも受けてください。私たちのこれまでの経験を基にしながら、何が体に起きているのか、何がストレスになっているのか、何をする必要があるのか、何をやめた方がいいのか、などお互いに理解を深め解明していきます。

ひとりひとり同じではありませんので対話を重ねる必要があります。しかしながら必ず治癒して行くための道筋が見つかってきます。おひとりでそれを見つけることは難しくても私たちがサポートいたします。

 

それに加えてご自分でできるセルフケアをお教えします。

食事の具体的なアドバイス、全身のバランスを整える体操、トレーニング、呼吸法指導などです。また毎日自分で行えるツボ押し、お灸のやり方などを覚えていただくことで治癒への道のりを早めることが可能になります。

 

当院では膀胱や前立腺など患部だけを見た治療は行いません。東洋医学でいう腎系の気血の流れを改善し、腰椎や仙骨近辺の神経圧迫に関係する筋肉の硬直を緩めていきます。また自律神経の崩れ、ホルモンバランスの崩れが隠れた原因として存在していることが多くあり、様々な療法、治療を組み合わせて改善を促します。多くの場合、脳への血流も大事な改善点です。主に首の筋肉の緊張、硬直などを緩めていくと脳への血流が回復することがあります。

 

また胃腸の機能が低下していることが共通点として見られます。胃腸に対する治療も重視しています。

 

これまでの経験から慢性膀胱炎の症状は全身のバランスの崩れを整えていくと改善することがよくあります。

患部に痛みが出たり、違和感が出るのは患部にも多少の原因があるかもしれませんが、患部だけを見ていては治癒は進みません。病院治療を長年続けているが全く改善しない方、精神薬による治療しか方法がない方は当院の改善プログラムを体験してみてください。

 

24時間続く症状は精神的にもつらく、生活の質が大きく低下してしまう人が少なくありません。これから先、どうなってしまうのだろうと不安が強くなっている人もいるかと思いますが、多くの方が実際に改善している当院の療法は大きな希望が持てるものです。

 

膀胱やその近辺の違和感はとても敏感なところであるため、常に意識が向いてしまい症状が強く感じられてしまいます。当院ではまず膀胱や前立腺など患部に問題があるのではなく、全身の血流や自律神経、ホルモン分泌などの崩れに最大の問題があると意識を切り替えていただきます。患部への意識を外した方が実はよい結果がでます。多くの方が血流と自律神経はよい状態ではないと気づかれます。ホルモンに関しては自覚することは難しいと思いますが、この二つがよい状態でなければホルモン分泌も崩れている可能性が高くあります。

 

血流は全身レベルでの改善が重要ですが、腰や骨盤内の血流の低下が不調に繋がっているケースがよくあり、手技や「はり灸」によってその原因を取り除いていきます。(はりや灸が苦手な方は手技による施術だけでも大丈夫です)

 

膀胱などに病気の原因がまったく無くても症状が出ることはあります。その原因は脳の誤作動と言われるもので、血流と自律神経が関係していますが、姿勢や生活習慣、そして何より大きいのがストレスだと言われています。

 

うつ病を併発されていたり、精神的な不調を感じておられるなら、脳の誤作動による膀胱の不調を疑う必要があります。

 

当院ではうつ病やパニック障害、不安症などに対しても専門的に取り組んでおりますので同時に改善させていくことが期待できます。

 

いくら患部に向けて治療を続けても改善しないのは脳が血流不足に陥り、自律神経が崩れ、痛みや違和感、不調を発生させる仕組みを脳が作り上げている可能性があるのです。

 

私の考えでは脳の誤作動か患部の問題かの二択ではなく、原因が混ざり合っている可能性が高いと思います。つまり患部や周辺の血流の低下、筋肉の硬直、緊張による神経の圧迫、それに加えて自律神経の崩れ、全身の血流の低下、脳への血流不足、ストレスによる脳の緊張、疲労、自律神経の緊張、興奮の継続などが重なり、また胃腸や腎臓などの機能低下なども関係して脳の誤作動が起こり、症状を発生させます。不快な症状は発生する度に脳神経に書き込まれ、症状が慢性化する状態になってしまうということです。

 

これらの原因はすべて存在しているという訳ではありません。人によってはすべて抱えていることもありますが、多くの方はこれらのいくつかが重なっていると思われます。またこれらの原因について断定することはできませんし、決めつけることはできません。実際に当院で行うのは全身の機能改善になり、対症療法ではありません。全体的な底上げを行うことで患者さん自身の生命エネルギーをアップさせ、自然治癒させていくというものです。

 

これらの全身に生じたバランスの崩れを根本的に改善していくのは簡単ではなく、同じように生命エネルギーをアップさせる、自然治癒力を高めると言われる他の治療院に通うこととは根本的に違いがあるのです。

 

いろんな治療院に行ったが治らない、もうどうしたらよいかわからないと絶望寸前の方であっても当院は自信を持って受け入れられます。

 

その違いは何かというと現状を明確に解明するということと、何をもって改善が可能かというはっきりとしたビジョンがあるかどうかです。

 

私自身がこのような症状で苦しみ、どこに行っても治らないという体験をし、そこから根気よく体質改善を行って完治した体験が元になっています。

 

私は病院で言われたことをすべてリセットすることからスタートすることができました。(これには深い意味があります)

 

そして自分の体に何が起きているのか、何を体と心は求めているのか、このようなことを必死に探し続けました。

 

そして苦しみ抜いたあげくに治癒する道筋を見つけ出し、死に物狂いでよじり上りました。

 

この先にゴールがあるのかどうかもわからずに必死に前を向いて谷底から抜け出ることができました。

 

それほどこの病気はつらいのです。(このつらさを知らない人になんのアドバイスができるのでしょうか!)

 

私が現在ご提供するプログラムは私のように苦労することなく、最短で健康が近づいてくるように考えてあります。

 

当院の強みは私の体験が元になっているということ、同じように改善、完治して行った方が多くいるという経験値があること、それに加えてすべての人は同じじゃないということを深く理解し、共に理解し解明していこうとする姿勢を持っていることだと思います。

 

実際に当院に3ヶ月以上通われた9割の方が改善を実感されています。

 

膀胱の不調の原因は解明しずらく、病院での検査は行ったということを前提に病院とは違う視点から改善をご提案していきます。

 

間質性膀胱炎と診断されて外科的な処置が必要と言われた方でも当院で改善した例が多くあります。外科的な処置はせずにです。

ですから間質性膀胱炎と言われたとしても膀胱への治療をせずに治る可能性はあるのです。

 

もちろん病院には行きたくないというお気持ちはよくわかりますので、検査をする前に来ていただいても構いません。病院で改善する兆しが無かったとしても、失望することはありません。もし、健康的とは言えない生活を長年続けていたと感じていたり、ストレスの強い生活が続いていたと感じておられるのなら、今あるつらい症状は根本から体質を改善してほしいという体からのメッセージなのかもしれません。

 

遠方にお住まいで東京の方まで来ることができない方はご自宅に光線治療器を置かれて自宅療養されながら、お近くの治療院などで体を整えていかれるとよいかと思います。この場合も具体的にアドバイス差し上げますのでお気軽にご相談ください。

 

今がどんなにおつらい状態でも、必ず笑顔で過ごせる毎日が戻って来ます。勇気を持ってお問い合わせください。

 

ネットを使用して遠隔カウンセリングも有料で行っております。

詳しくはお問い合わせください。