THOSE WHO WERE DIAGNOSED

間質性膀胱炎、慢性前立腺炎と診断された方へ

間質性膀胱炎、慢性膀胱炎、過活動膀胱、慢性前立腺炎と診断された方へ

 

慢性的に続く膀胱の違和感、痛み、頻尿、排尿時の違和感、尿道の痛み、会陰や肛門付近の痛み、恥骨や骨盤内の神経痛などがある場合、病院での検査がまず必要ですが、細菌感染が見られず、病院治療では改善しない、もしくは病院治療を受けたくないと思っている方に当院で受けられる光線療法、手技整体、はり灸による治療をお勧めします。(はり灸は同じ建物内にある鍼灸院で受けることができます)

 

光線療法、手技、はり灸を組み合わせることで慢性的に続く膀胱の不調、骨盤内の疼痛に改善が期待できます。

 

当院では膀胱や前立腺など患部だけを見た治療は行いません。東洋医学でいう腎系の気血の流れを改善し、腰椎や仙骨近辺の神経圧迫に関係する筋肉の硬直を緩めていきます。また自律神経の崩れ、ホルモンバランスの崩れが隠れた原因として存在していることが多くあり、様々な療法、治療を組み合わせて改善を促します。多くの場合、脳への血流も大事な改善点です。主に首の筋肉の緊張、硬直などを緩めていくと脳への血流が回復することがあります。

 

これまでの経験から慢性膀胱炎の症状は全身のバランスの崩れを整えていくと改善することがよくあります。例え、病院で膀胱に炎症や硬直がある、前立腺に炎症があると言われていたとしても改善したケースが少なくありません。

 

患部に痛みが出たり、違和感が出るのは患部にも多少の原因があるかもしれませんが、患部だけを見ていては治癒は進みません。病院治療を長年続けているが全く改善しない方、精神薬による治療しか方法がない方、24時間続く症状は精神的にもつらく、生活の質が大きく低下してしまう人が少なくありません。これから先、どうなってしまうのだろうと不安が強くなっている人もいるかと思いますが、多くの方が実際に改善している当院の療法は大きな希望が持てるものです。

 

膀胱やその近辺の違和感はとても敏感なところであるため、常に意識が向いてしまい症状が強く感じられてしまいます。当院ではまず膀胱や前立腺など患部に問題があるのではなく、全身の血流や自律神経、ホルモン分泌などの崩れに最大の問題があると意識を切り替えていただきます。患部への意識を外した方が実はよい結果がでます。多くの方が血流と自律神経はよい状態ではないと気づかれます。ホルモンに関しては自覚することは難しいと思いますが、この二つがよい状態でなければホルモン分泌も崩れている可能性が高くあります。

 

血流は全身レベルでの改善が重要ですが、腰や骨盤内の血流の低下が不調に繋がっているケースがよくあり、手技や「はり灸」によってその原因を取り除いていきます。(はりや灸が苦手な方は手技による施術だけでも大丈夫です)

 

またストレッチなどもお教えしますので毎日筋肉を伸ばしてバランスを整える習慣を持つことが治癒を早めます。

 

膀胱などに病気の原因がまったく無くても症状が出ることはあります。その原因は脳の誤作動と言われるもので、血流と自律神経が関係していますが、姿勢や生活習慣、そして何より大きいのがストレスだと言われています。膀胱に症状が出るのは腰やお尻の筋肉、腸などに問題を抱えていることがありますが、病院では指摘されない程度の不調であることが多く、病気として現れる手前の段階だと思われます。

 

うつ病、もしくはうつ病のような気持ちの落ち込みを症状が出る前から感じておられるとしたら、脳の誤作動による膀胱の不調を疑う必要があります。

 

いくら患部に向けて治療を続けても改善しないのは脳が血流不足に陥り、自律神経が崩れ、痛みや違和感、不調を発生させる仕組みを脳が作り上げている可能性があるのです。

 

私の考えでは脳の誤作動か患部の問題かの二択ではなく、原因が混ざり合っている可能性が高いと思います。つまり患部や周辺の血流の低下、筋肉の硬直、緊張による神経の圧迫、それに加えて自律神経の崩れ、全身の血流の低下、脳への血流不足、ストレスによる脳の緊張、疲労、自律神経の緊張、興奮の継続などが重なり、また胃腸や腎臓などの機能低下なども関係して脳の誤作動が起こり、症状を発生させます。不快な症状は発生する度に脳神経に書き込まれ、症状が慢性化する状態になってしまうということです。

 

これらの原因はすべて存在しているという訳ではありません。人によってはすべて抱えていることもありますが、多くの方はこれらのいくつかが重なっていると思われます。またこれらの原因について断定することはできませんし、決めつけることは致しません。実際に当院で行うのは全身の機能改善になり、全体的な底上げを行うことで患者さん自身の生命エネルギーをアップさせ、自然治癒させていくというものです。

 

これらの全身に生じたバランスの崩れを根本的に改善していくのが光線療法、手技、はり灸です。実際に当院に3ヶ月以上通われた9割の方が改善を実感されています。また院長である私自身が同じ病気で苦しみ、克服した経験があるため、具体的にアドバイスできることも当院の強みかと思います。

 

膀胱の不調の原因は解明しずらく、人によっては思わぬ病気が見つかることや、考えもしなかった原因が見つかることもあるかと思います。当院では病院での検査、治療は行ったということを前提に病院とは違う視点から改善をご提案していきます。病院で改善する兆しが無かったとしても、失望することはありません。もし、健康的とは言えない生活を長年続けていたと感じていたり、ストレスの強い生活が続いていたと感じておられるのなら、今あるつらい症状は根本から体質を改善してほしいという体からのメッセージなのかもしれません。

 

遠方にお住まいで東京の方まで来ることができない方はご自宅に光線治療器を置かれて自宅療養されながら、お近くの治療院などで体を整えていかれるとよいかと思います。この場合も具体的にアドバイス差し上げますのでお気軽にご相談ください。