PROFILE

当院のスタッフ紹介

プロフィール①

小池 秀効 [ Shuko Koike ]

「光線療法整体院 けろぴー」代表、光線療法師、整体師、フィジカルトレーニング

カイロプラクティック整体の民間学校を卒業しプロの施術士として15年以上のキャリアがございます。

 

光線療法士の資格も取り、光線療法の効果的な応用に関しましても熟知しております。

 

治療師としては自律神経が健康に及ぼす影響について深く学び、これまでに病院で治らない慢性病や難病の方の力になってきました。自分自身が自律神経失調症を経験し、自律神経があるところまで崩れてしまうと様々な体調不良が現れ、簡単には治らないということを骨身に染みてわかりました。病院に頼らず本当に必要な療法とは何かを学ぶ大きな機会となりました。

 

闘病体験から光線療法に出会い、光線療法と整体、はり灸を組み合わせることで多くの改善例が生まれました。

 

また私自身、深刻なうつ病、パニック障害、不安恐怖症を体験し克服することができたことから、同じように精神的に苦しい方にアドバイス差し上げることができます。精神科で話す内容や通常のカウンセリングとは全く違い、「これまで誰にも理解してもらえなかったことを理解してもらえてうれしい」「自分も治る気がしてきた」などと、失いかけていた希望を取り戻して帰られる方が多くいます。なぜ、悪循環から抜け出せないのか、どうしたら健康を取り戻せるのか、具体的なアドバイス、具体的な方法についてご提案できるのが当院の特徴です。

 

私は治療師の経験だけで無く、一般企業で働いた経験も多く、上場会社で役員も務めた経験があります。また自分で起業をしたり、海外移住をした経験もあります。自分の人生を振り返って、治療の仕事一筋でなく、様々な社会経験を積んだことが現在に生きていると実感します。

 

決して順風満帆ではなく、苦労の連続でした。多くのストレスを背負い込み、倒れるまで働き、病院に担ぎ込まれることも何度もありました。自分は病気にならない、うつ病にもならない、と過信していましたが病魔はいつの間にか忍び寄ってくるものです。自分がおかしくなっていくに連れて人間関係でもストレスが増え、気づいた時には体調不良のオンパレード状態になり、病院での検査の日々になっていました。

 

あまりにも忙しくストレスの多い生活の中で病気になってしまいましたが、これらのすべての経験があって今の自分があります。自分の心が壊れてしまった時、治そう治そうとあせってしまっては逆効果です。壊れたものは体でも心でも必ず治るのです。治るために必要な要素を確実に自分の中に取り入れ、やらない方がよいことに気づいていくことが大切です。

 

これまで多くの病院や治療を受けても改善することなく、絶望しかけている方に来ていただくところが当院だと思っています。

 

もちろん病気ではないが健康促進のために、もっとバランスを整えて自分の力を発揮したいと思われている方も大歓迎です。

 

同じ建物内にはり灸院もございますので、はり灸も同時にお受けになることが可能です。

 

 

小池(院長)の闘病記

長くなりますが、よろしければお読み下さい。

 

最初に感じた体調不良は胃腸でした。常に違和感を感じだし、下痢も多かったため、精密検査を行いました。しかし運良く病気は見つかりませんでした。

 

胃腸の違和感は続きましたが、そのうち首痛、頭痛にも苦しむようになり、CTやMRIで検査を繰り返しました。この頃は精神的にもかなり参っていて、治らない病気になったという思い込みが強くなり、検査も不安で仕方がありませんでした。

 

次に現れたのは膀胱炎の症状です。すぐに泌尿器科で検査をしましたが細菌はみつかりません。前立腺や睾丸の病気を疑い検査をしましたが、はっきりとした異常は見つかりませんでした。

 

24時間続く膀胱炎の症状、頻尿、尿道の痛み、肛門付近の痛み、恥骨の痛みなどで苦しみ、どんどん精神的におかしくなっていきました。

 

病院によって言うことが違いました。慢性前立腺炎、膀胱頸部硬化症、間質性膀胱炎などと病院で言われ、ある病院では「一生治らないかもしれないが、多くの人が病気を抱えながら生きているんだから、死ぬ病気じゃないんだから」などと言われ強いショックを受けました。

 

私は薬を飲まない主義でしたが、ずっと薬を飲み続ける必要があると説明され、目の前が真っ暗になりました。一生飲まなくてはいけませんか?と聞くと、飲まなければ悪化すると言われ、私はその病院を変えました。

 

違う病院では精神的な病気だと言われ、精神薬を処方されました。私は病院巡りをするうちにだんだんうつ病が感じられるようになっていました。また気づかぬうちにパニック障害も発症していて、精神的にとても不安定になっていました。

 

私には精神薬が合わず、膀胱炎の症状が悪化してしまいました。薬の副作用だと思いますが、脳が過敏になってしまっていて、思い込みで症状が強く出るようになっていたのだと思います。

 

それでも病院を巡り、どこかに治し方を知っている先生がいるかもしれない、という希望を抱き病院に行きますが、希望は打ち砕かれてしまいます。病院以外の治療院も遠くまで出向きましたが、どの先生も「これは治るかわからない」という態度になってしまいます。

 

最後は病院しかないという考えを持っておられる治療師の方が多くいることも知りました。

 

病院の先生は薬を強くしていくことしか考えはなく、私は薬を飲めば副作用で苦しむという思い込みがあり、治療方法が無くなってしまいました。漢方や自然食品も多く試しましたが、私には変化がありませんでした。

 

うつ病、パニック障害、不安恐怖症はますます強くなり、膀胱炎の症状も続き、痛みや不安で神経は緊張し続け、体はどんどん痩せてしまい骨と皮だけになってしまいました。

 

外に出ることも難しくなってしまいました。電話も不安恐怖があり出れません。テレビもネットも怖くて見れません。この世のあらゆる苦しみ、人間の悪意が敏感に感じられ、何もできなくなってしまいました。ただ震えて耐えている日々が続きました。

 

一日のうちに死にたいと思うことは何度もあり、夜中に起きてしまうと、発作的に死のうとする自分を必死に抑えることしかできませんでした。

 

一日が長く感じられました。一瞬も気の休まる時間がありませんでした。体の痛みや違和感も続きました。頻尿もどんどんエスカレートしてしまい、寝ることができなくなるほどでした。

 

夢なら覚めてほしい、何度もそう思いました。少し眠りに落ち、はっと目覚めると現実に戻り、すぐに心の中が不安で覆われました。どうしてこんなことになってしまったのか、私は自分を責めました。自分の考え方、行動が間違っていた、自分は死んだ方がいいと自分を責め、体を痛めつけてしまいました。

 

それでもどこかで「死んではだめだ、必ず治る方法があるはずだ」という思いがあり、暗闇の中をわずかな光を頼りに彷徨い歩くような日々を過ごしたのです。

 

私は家族に支えられました。妻に足や手をマッサージしてもらうと少し落ち着くのを感じていました。多くの人に励ましてもらい、たくさん情報をもらいました。

 

そうしているうちに大きな出会いがありました。光線療法との出会いです。

 

紹介で行った治療院に光線治療器があり、説明を受けました。私はその先生の手技が合わず、すぐに帰ることにしたのですが、光線療法というものに強い関心が湧きました。帰りの車の中で光線療法のことばかり考え、少し希望を抱きました。

 

なぜなら私は自分の体が太陽の光を欲していることがわかっていました。そのため、毎日早朝に朝日を浴びに外に出ていました。太陽の光を顔に浴びているときが一番気持ちよく思えたのです。また、私の体は冷え切っていました。これまで長期間薬を服用し、病院巡りで体が冷えきっていたのです。

 

そのため、体を温めることが必ずよい方へ行くと信じて足湯や半身浴、温熱療法などを繰り返していましたが、私の血流不足はびくともしていませんした。

 

太陽の光を応用した治療であると聞き、それが血流や自律神経を内側から改善していく効果があるもので、とにかく暖かくてただ浴びていればいい療法であると知り、希望を持ちました。私は体を動かすことも難しく、自宅で寝ながら受けられる光線療法なら合うかもしれないと思ったのです。

 

すぐに光線機を自宅に設置し、光線治療を始めました。一台しかなかったため、足の裏を中心に照射しました。患部には怖くてできなかったのです。

 

じんわりと足の裏が暖かくなってきます。しかし私の氷のように冷たい足が温まるのは簡単ではありませんでした。

 

「あなたの体は根腐れを起こしている植物と同じだ、太陽の光を足下から浴びていればだんだん根腐れが改善され、全身の血流が蘇ってきますよ、不安も精神的な不調も脳への血流が改善されれば治まってくると思います」このように光線療法の先生から説明を受けました。

 

私の体には光線機一台では時間が掛かると感じました。二台にすると二乗の4倍、三台にすると三乗の9倍の効果があると聞き、私は自宅に三台の光線機を設置しました。自宅近辺に光線療法が受けられる施設がなかったので迷いはありませんでした。

 

三台をトライアングルにして下半身を徹底的に照射しました。足の裏、膝の前、裏です。

下半身の血流が良くなれば全身の巡りが良くなると説明を受けました。私は毎日数時間、光線療法を続けました。最初は効果を感じることはありませんでした。本当にこれで治るのか、不安もありました。しかし心のどこかで光線に賭けようという気持ちがありました。他を探しても仕方ない、もう余力もない、光線に賭けよう、病院も治療院も行くのはやめよう。

 

そのうち好転反応と思われる症状が現れ始めました。思わぬところが痛くなったり、歯茎が腫れたり、目が痛くなったりしました。幸いなことに一番過敏な患部(骨盤内)の痛み、違和感は増えませんでした。

 

これが好転反応だと説明され、これだけ悪いものが出されているのだから効いているに違いない、体は良い方向へ向かっているんだと信じました。

 

それでもつらい日々は続き、好転反応が早く終わってくれと何度も思いました。

 

そのような日々を3ヶ月続けた頃、妻が私を見て、最近つらそうな顔をしていない、と言いました。私は気づいていませんでしたが、少しだけ気持ちに余裕が生まれていました。少しだけならネットも見れるようになり、大好きな野球の情報も見るようになっていました。

 

少しだけ笑えるようになっていました。自分を責める気持ちも和らいでいました。

 

明らかに良くなっている、過敏な状態が和らいでいる、そう思いました。体の冷えも改善している気がする。トイレの回数も減った。死にたいと思うことも無くなった。このように感じていました。

 

ようやく私は少しだけ前向きに考えられるようになっていました。それまで考えることは「つらい、死にたい」だけでした。一秒を繋げてどうにか生きていました。しかし今は希望があります。

 

「絶対にこの病気を克服してみせる。そして同じように苦しんでいる人たちに自分の経験を伝えていこう」このように思いました。これまで病気になったことを恨み、不幸が訪れたとしか思えませんでしたが、病気になったのは意味があることと思えるようになりました。そして克服できるからこそ与えられた試練だと思えるようになっていました。

 

多くの方が病院がすべてだと思い込み、治るものも治らなくなってしまっている、血流と自律神経だけに絞って徹底的に療法を繰り返せば治らないと言われている病気も治るはずだ、私はそのことを伝えていこうと思いました。

 

自分の「生きる目的」を見つけることができました。すると体はどんどん蘇ってきました。体の内側から失われていた生命エネルギーが湧いてくるのを感じました。

 

私がお伝えしたいことは「自分の生きる目的」を持つことの大切さです。「なんのために生きているのか」それがわからなくなると精神的な病は治りにくくなってしまいます。近年、精神疾患が増えてきているのは、社会の中で「生きる目的」を見つけられず、人生の意味を感じられずに心が不安定になっていることと関係があります。

 

病気になったことはつらいことですが、私のように病気になって初めて自分を見つめ直し、「生きる意味」を見つけることができる人が多くいるのではないでしょうか。

 

私の人生は決して聖人賢者のような振る舞いではありませんでしたが、自分が思うほどだめじゃない、一生懸命がんばって、世の中を良くしていきたいという気持ちがあって、少し自我に振り回されてしまうところはあったが、責任感を持ってがんばってきたから病気になったんだ、病気になったことを恥じることはない、自分は生きていていい。このように思うことができるようになりました。

 

私の心に起きた変化は精神的に追い込まれて、もうどうすることもできないところまで行ったことで生じたものだと思います。どうすることもできなくなった時、最後に選択できるのは無抵抗です。体の苦しみ、つらさ、精神的な不安、怒り、死にたいと思う気持ち、後悔の念、あらゆるものに追いかけられ、暗闇に引きずりこまれないように常に戦っていた自分が、ふと力が抜け、無抵抗になることができたのです。

 

無抵抗は最も強い状態です。あらゆるものと戦わなくなると自分を苦しめるものは力を失います。これまで脅威だと思い続けていたのは、自分の脳がそう思い込み、不安や苦しみに力を与えてしまっていたのです。

 

自分が脅威に感じ、戦えば戦うほど存在は大きくなってしまいます。戦うことは幻想です。戦いをしていたことに気づき、はっと引っ張り合っていた綱を手放すのです。すると戦う相手がいなくなった不安のエネルギーは消滅していきます。

 

現在、身体的につらい症状があったとしても、抵抗しないことです。抵抗すればするほど存在が大きく感じられてしまいます。「来るな、来ないでほしい、お前なんかいらない」このように思えば思うほど症状はこびりついてしまいます。

 

不安や痛みはこう言っています。「私もあなたの一部なのに、どうして嫌うの?」「私を受けいれてくれないの」「あなたが自分の一部だと認めてくれたらすぐに私は役割を終えて消えていくのに」。

 

私が治ったのは奇跡的な体験だったと思います。お医者さんも驚いていました。治るとは思っていなかったようです。

 

しかし私だけが特別なのではありません。治すための方向性がわかり、それを一心不乱に続けることができれば多くの方が短期間で治すことができると私は思っています。少なくともどんな人であっても、治るチャンスが訪れると思っています。

 

奇跡は誰にでも起きます。奇跡に思えるようなことも実は必然として起きます。病気が治るかどうかではありません。癒やしを起こすことは誰でもできるのです。どんなに壊れてしまった体や心でも癒やしを毎日経験することで必ず元に戻るのです。そのためには必要な条件があるだけです。自然治癒力は本当はもの凄い力があります。多くの方が自然治癒力が働かないように制限をかけてしまっていることに気づいていません。

 

もちろん光線だけではありません。食事も運動も大切です。そして気持ちの変化が何よりも大切です。そのため、私はうちに来てくれた方と多く話をするようにしています。話しているうちに脳が切り替わります。「治る」という気持ちが自然に出てきます。

 

私が光線機三台で治療を始めて3ヶ月で明らかな変化があり、その後精神的にもよい変化が訪れ、薬の副作用も減り、さらに三ヶ月後には普通にレストランにも買い物にも行けるようになり、家族や友達と笑えるようになっていきました。完治まではそれから一年くらいかかりました。寝たきり状態にまでなりましたので、体力を戻すのは簡単ではありませんでしたが、体重も戻り、今では病気になる前より元気になり、これほどの病気をしたとは思えないほど、活力的に過ごしています。

 

脳は嫌な記憶をたまに呼び起こします。脳とはそういうものです。しかしそれ以上によい記憶で塗り替え、幸せを感じている状態を多く脳にインプットし続けていくことで、脳は嫌な記憶を自然に手放してくれます。

 

このようにして私は完治していきましたが、私のように難病を克服して行った人たちが当院に通っていた方、遠方でも光線を通して縁ができた方たちの中から多く出ています。

 

ですから決して私が特別だということではないのです。

 

光線をしているがなかなか良くならないという方がいたとしたら、もしかしたら私のアドバイスが必要かもしれません。治らなくしている原因についてたどり着くことができれば必ず改善に向かいます。体はそれを教えてくれています。

 

病院治療を否定しているように見えてしまいますが、そうではありません。私も怪我をしたり、細菌感染をしたら病院に行きます。それが最善だと思えばそうします。検査も大切です。それによって命を失わずに済んだ方も多くいると思います。

 

私がお伝えしたいのは病院治療がすべてだという思い込み、常識です。すべての健康を病院任せにしてしまい、治る病気も治らなくしてしまっている人は少なくないのではないでしょうか。慢性病と言われているものは病院では治らないと思います。すぐに薬に頼るのでは無く、まず食事を見直してみる、運動を徹底的にやってみる、自分が本気で向き合わずに薬に頼り、自分のやるべき課題に目を背いてしまうと、必ず後でしわ寄せが来てしまいます。

 

多くの治らないと思われている病気は治るチャンスがあります。あきらめることはありません。

私の闘病記がどなたかのお役に立つことがあれば、幸いです。

 

小池秀効