がんばることをやめてみる

BLOG

がんばることをやめてみる

2020年01月14日 火曜日

責任感の強い人ほどがんばってしまいます。

できると思えばできるものさと、休むことをよいとせず、無理を承知でやり遂げてしまいます。

 

仕事を責任を持ってやり遂げることはとても大切で、組織にとって無くてはならない存在だと思います。

しかし、自律神経を崩してしまったり、うつ病などを発症させてしまう人ほど、頑張りすぎてしまうところがあるように思います。

 

がんばればできてしまう優秀な人ほど、自律神経や脳に無理をさせて、深刻な疲労状態になってしまうことがあるのです。

 

人間の体は不思議なもので病気になっていくプロセスがわかりにくいのです。脳は疲労し、自律神経に異常が出始めても、気力でどうにかなってしまいます。

少し休めば大丈夫だ、大したことはない、という気持ちになってしまい、微妙な体の変化になかなか気づきません。

 

脳の疲労や自律神経の異常はあるところを越えるまで気づかないことがよくあるのです。気づいた時には脳は誤作動を繰り返し、自律神経は崩れたままになってしまいます。

できるだけ早期の異常に気づき、修正ポイントを見つけることができればそれほど深刻には至りませんが、気持ちが強い人、過信している人ほど、無理な状態のまま突っ走ってしまいます。

気づいた時にはうつ病になっていたり、慢性疲労症候群になっていたり、心身症と言われる病気への恐怖心から起きる体調不良に苦しんでしまうのです。

 

自律神経の異常は深刻な状態まで進行してしまうとなかなか元には戻りません。それこそ数年がかりで整えて行かなくては治りませんが、治ることは治ります。ただ、薬や特殊な治療で治ると簡単に思っている人ほど事態は深刻化していき、医療による二次被害によって悪化することもありますので、注意が必要です。

 

大切なのは健康はひとつの健康法や治療だけでは得られないということです。

 

花粉症ひとつとっても、ジョギングをしていれば治る、注射を打てば治るというのはありません。

自分の生活習慣や考え方を見直し、あらゆる面でおかしなところを修正していかなくては治らないのです。

 

脳の疲労や自律神経の異常を甘く見てはいけません。体の健康を統制するあらゆる秩序が崩れ出すと免疫システムの異常やホルモン分泌の異常などにも繋がり、病院では治らない原因不明の体調不良に発展することもあります。脳が健康であればすべてを建設的に前向きに考えられ、乗り越える気持ちになるのですが、肝心の脳が疲労し機能不全に近づいていってしまうと、何もかもが悪い方へ転げ落ちて行く感覚から抜け出ることが難しくなってしまうのです。

 

病院に相談しても原因がわからないのですから根本的な治療にはなりません。対処療法の薬だけが増えてしまい、悪循環が続いてしまいます。

またお医者さんや家族、友人、知人は苦しさを理解してくれず、気持ちが弱いだけだ、さぼりたいだけだ、と勘違いしてしまうことがよくあり、みんなが苦しんでしまうのです。

 

本人も自分の気持ちが弱いからだと、根性が足りないからだと、疲れ切っている脳に「頑張れ、頑張れ」と指令を出し続けてしまい、緊張はいよいよ深刻になって行ってしまいます。

 

こうなるともう、逃げるしか道はないと思うようになり、自殺してしまう人もいます。

 

しかし私はこのように苦しんでいる人にお伝えしたいのです。

 

「がんばることをやめてみましょう」

 

がんばることをやめて、何もしないということを選択してみてください。

 

もちろん仕事を休めないという人に対して仕事をするなと言っているわけではありません。もし休めるのであれば休んでください。

そして緊張して疲れ切っている脳を休息させてあげるのです。自律神経はすぐには元に戻りません。それを知ってあげて、根気よく整えてあげてください。

 

脳に休息を与えるというのは難しいことでもあります。技術でもあり、習得するものでもあります。ですからすぐにできると思う人は、これまでの人生でそのような訓練を学んできた人ではないかと思いますし、できない、難しいと思う人は、ぜひうちに来て下さい。呼吸法、瞑想法、体操など、いろんな角度から脳を休息させていくやり方がありますが、私と話しをしているだけでも脳の混乱が収まります。

 

自律神経を整えるというのは簡単ではありませんが、必ずできます。自律神経というのは自然界のリズムです。自然から外れた生活、脳の使い方の偏りによって、自ら外れてしまったのです。

戻すためには自然に対する考え方をまず変え、謙虚さを取り戻し、自然の恵みに感謝するところから始めなくてはならないと私は思っています。その上で、生活習慣で変えなくてはならないところがあれば変えなくてはならないし、必用な健康要素、例えば食事のバランス、最低限の運動習慣、そして社会からの疎外感、孤独感が強いのであれば、そのあたりも対処しなくてなりません。

 

ひとつひとつを順序よく根気よく歩んでいけば、必ず出口に出られます。苦しい暗闇から抜け出ることができます。しかし一気にやろうとすればまた脳に負担がかかり、できないと感じてしまうと思います。

がんばろうと思わなくていいのです。今できること、それがどんなに小さなことであっても、心を込めて行うようにしてみてください。

 

家族のために料理をすること、庭の花の手入れをすること、それさえできなければ水を飲むこと、歩くことなど、どんな小さなことでも心ここにあらず、ではなく100%心を込めるのです。

その小さな一歩を積み重ねることは崩れた心と体のバランスを整えることに繋がります。できれば呼吸を意識的にゆっくりすることを忘れないでください。

 

朝日を浴びながら太陽のエネルギーを充電してください。この時、もっともっとと欲を出すのではなく「ありがとうございます」と受け取ります。

そしてたくさん息を吸ってエネルギーをいただき、たくさん息を吐いて古いエネルギーを排出します。ポイントは欲でやらないことです。欲張りはもらいが少なくなります。

 

太陽以外でもエネルギーをいただける自然の恵みはたくさんあります。だからと言ってパワースポットに行くことがよいという訳ではありません。

もちろん都会の真ん中より、自然の豊かなパワースポットの方がエネルギーはたくさん循環されます。しかしそれが近所ならいいですが、無理して行けば疲労に繋がります。

そのバランスが大切で、今は無理して遠くまで行かない方がいいと思うのであれば、近くの公園や自宅のベランダで十分です。パワースポットに行かなくてはという思い込みは不要です。

 

自宅であっても、自分の精神によってその場がエネルギースポットに変わります。ですから気が枯れていると感じるのであれば、あせらず一つのところで気を蓄えてください。

気を蓄えるというのは実感を持てないために、やれないということがよくあります。その場合はぜひ一度私の指導を受けてください。

 

呼吸法にしても瞑想にしてもやり方次第で変わります。最初実感が持てなくても数ヶ月続けていれば気力が蘇り、それに比例して自律神経も整うのです。

自律神経というのはただバランスだけが問題なのではないのです。生命エネルギーの枯渇が自律神経を不安定にさせ、低調になった状態で自律神経が不安定になっているのです。

ですから気を蓄えるというのは自律神経の安定にも繋がり、バランスも自然に整うことになるのです。

 

まず、脳が緊張し常にいろんなことを思い悩んでいる状態から、気が全身に巡る状態に戻さなくてはなりません。多くの場合手足や内臓に気が枯渇し、脳にだけ気が上がってしまう状態になってしまいます。

 

これは考えること、計算すること、悩むことを長時間行い続けたことによる弊害です。

 

思考することから感じること、流れに任せること、委ねることにシフトチェンジして行くことが大切で、そのための体操や呼吸法などがあります。

 

まずがんばることをやめてみましょう。どうにかなる、と先のことを心配することをやめ、自分の運命を信じることが大切です。

 

実はそのことこそ運命をよくすることにも繋がるのです。