不安も痛みも、すべてそのまま受け入れる

BLOG

不安も痛みも、すべてそのまま受け入れる

2018年08月12日 日曜日

受け入れること、について書いてみます。

私のブログを読んでくださっている方は痛みや不安を常に抱えている方が多くいらっしゃると思います。

 

どうにかして不安から自由になりたい、痛みから自由になりたい、何も心配のいらない生活に戻りたいと強く思われておられると思います。

 

不安も痛みも必ず消えるのです。少し時間がかかる場合もありますが、やり方さえわかればすぐにでも小さくなっていきます。ただそれほど簡単なことではなく、これまで作り上げてきた思い込み、決めつけに気づくことが大切になります。

 

私は不安恐怖症やパニック障害を発症したことがあります。それはとても強いものでした。しかしそれらをすべて克服することに成功しました。恐れていたものを正面から見て、何もしない、という極意を手に入れた時、すべての不安恐怖は消えていきました。そして身体的な苦痛も改善に向かい、やがて消えていきました。すべては意味があり教えてくれているのです。そして恐れるものは本来ないのです。

 

今、痛みや体の違和感、不調が最も自分を悩ます原因だと思われていたとしても、本当に自分を苦しめているのは身体感覚、実際に体に起きている症状だけではないのではないでしょうか。もちろん体に症状があるのは真実ですが、今あなたを苦しめているものは不安や恐れなのかもしれません。

 

これからもっと悪くなったらどうしよう、治らなかったら生きていけるのだろうか、死んでしまうのではないか、このような思考、気持ちが自分を苦しめているのではないでしょうか。

 

身体に起きている苦痛と心の中にある不安や恐れをひとまとめに感じて、とても大きな脅威を感じているのではないでしょうか。もしかしたらそこに後悔や恨み、あせりなどの感情、気持ちが混同し、なんだかわからない不快感、無力感につながっているかもしれません。

 

身体に実際に起きている苦痛だけを感じてみてください。決して耐えられないほどの痛みや不調ではないかもしれません。いろんな情報をインプットしてしまい、不安や恐れを感じ、またそれに対して反応してしまっているかもしれません。つまり不安をそのまま感じるのではなく、不安に対して恐れたり、回避しようとして悪循環のループに入り込んでしまうのです。

 

どうしようもない不安に襲われるのはこのためです。不安そのものを感じているのではなく、痛みそのものを感じているのではなく、それらに対して新たな反応を繰り返すことで苦しみが増幅しているのです。

 

不安はよくないものだ、痛みはよくないものだ、自分はどうしてこうなってしまうのか、自分は弱いダメなやつだ、どうにかしなくてはいけない、不安をコントロールしなくてはいけない、飲まれてはいけない、痛みを感じないように努力しなくてはならない。何か手を考えなくてはいけない。

 

これらはありのままを受け入れることとは違う反応です。このような反応を繰り返すことで悪循環が続いてしまいます。

 

悪循環から抜け出すカギは「今、ここ」に意識を合わせることです。今、ある苦痛、不安をそのまま認め、受け入れるのです。決して避けようとしたり、コントロールしようとしたり、無いものと思い込もうとしたり、立ち向かおうとしてはいけません。不安や痛みとの闘いをやめるのです。不安と自分とで行っている力勝負をやめ、そこから手を放すのです。

 

不安や痛みから逃れよう、負けないように気を張って悪戦苦闘していたことに気づき、そのすべてを放棄するのです。そうです。今すぐに戦いをやめていいのです。やめたらどうなるか?不安はびっくりするでしょうね、どうなるか観察してみてください。素晴らしいことが起きます。

 

不安や痛みは今、ここにあるかもしれません。それに対して、もう許してくれ、来ないでほしいと思うことはコントロールしようとしている姿です。また耐えてみせると気を張るのは闘いです。やっつけようと何かを試みることも戦いです。これを続けているとエネルギーはいずれ尽きてしまい、ますます不安や痛みが脅威に感じてきてしまうのです。とてつもなく強いモンスターを相手にしていると感じてしまうことになっていきます。

 

戦いをやめ、何もせずにただ受け入れてみてください。何か対処をしなければ恐ろしい感情に飲まれてしまう。もっと不安は強くなる、暗黒の闇に引きずりこまれてしまうと思うかもしれません。それでも勇気をだして受け入れてみてください。今ある感情、気持ち、身体感覚のすべてを怖がらずに受け入れるのです。不安や恐れが強く出ていたとしても、そのすべてを感じてみようと思ってみてください。

 

決して悪いこと、良いことと決めつけず、自分が受け入れることで不安はどう変化するのだろう、痛みはどう変化するのだろうと感じてみてください。怖いという気持ちがあれば、それを決して批判せず、ダメだと思わずにただ存在を認めてあげるのです。「ここにいていいよ」と言ってあげるのです。私は今、不安を経験している、痛みを経験している、無力感を経験している。これらをただ感じることが自分には必要なこととして起きていると思ってみてください。

 

どんなに苦しい瞬間でも、必ず受け入れることができます。ここから逃れたいと強く思うその瞬間に、受け入れてみようとする自分を思い出して、何度も試みるのです。決してできなくても自分を責めずに、苦しい反応に流れてしまいそうなその瞬間に必ず気づくことができます。

 

何もかもが意味のあるもので、決していらないものではない、すべてを受け入れてみよう、感じてみようと思ってください。受け入れることができた時、なぜ不安だったのか、なぜ痛みが生じたのか、その答えを知ることができます。

 

不安や痛みはコントロールしようとしたり、避けようとしたり、跳ねのけようとすると、ずっとそこに居座り続けます。そこに良くない感情が上乗せされ、どんどん強い存在になっていきます。反対にコントロールしようとしない、避けようとしない、跳ねのけようとしない、そのままを受け入れるという姿勢を持つと、悪循環から抜け出し自然に消滅していくのです。すぐには小さくならないかもしれませんが、それは時間の問題です。必ず小さくなっていき、やがて消えていきます。

 

不安も痛みも不調も恐れることはないのです。自分のすべてが飲まれてしまうような脅威を感じてしまっているのは自分の思い込みに過ぎないのです。決めつけに過ぎないのです。その思い込みに、悪循環に気づくことができれば、今すぐにでも苦しみから抜け出ることができるのです。

 

どうしたらそれができるようになるのか、すぐにできなくても心配いりません。焦らなくてもいいのです。少し訓練が誰にでも必要です。毎日の呼吸法を伴う瞑想と日常で行う訓練の二つを繰り返していけば、誰でもできるようになります。