ウイルス感染と日光浴、そして光線療法

BLOG

ウイルス感染と日光浴、そして光線療法

2020年04月28日 火曜日

新型コロナウイルスによる自宅待機が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

誰でもが不安になります。不安になるなと言うのが難しいことと思いますが、決して考えすぎず、心配し過ぎず、先のことを思い過ぎずに、できるだけ安らいだ状態でお過ごしください。

 

そのためには変えられないことに気持ちを向けるよりも、変えることができることに気持ちを向けることが大切と思います。

 

変えられないことはたくさんあります。それは受け入れるしかありませんし、それだけでよいのだと思います。

 

変えることができること、それは自分の課題として見つけることができます。自分の課題に気づくことができます。

 

現在、健康面に不安があるのなら、今できることを見つけ出し、その課題を行うことに意識を向けて行きます。

 

例えば体操や呼吸法、瞑想、ヨガなどどんなことでも自分が自分に必要な課題を明確にし、それを少しでも実行していくことに気持ちをできるだけ向けて行きましょう。

何かを勉強する、何かを始める、中断していたことを再開する、自分を磨いていくことに意識を向けることが大切なのだと思います。

 

すると余計な心配をする隙間が無くなり、気苦労することが無くなります。ストレスも緩和され、自然に体調も良くなると思います。

 

自分の課題をノートに書き、少しずつ課題を追加したり、書き換えて行きましょう。今できることに意識を向け、100%それをやっていくと、自然に不安は消えていきます。

 

 

 

最近、新型ウイルスが紫外線に弱いのではないかという研究が出ていました。

 

私は太陽が出ている時はできるだけベランダや庭に出て太陽光を浴びています。太陽光がウイルスを弱化させるということはまだ確定ではないようですが、まず間違いないと私は思います。

 

太陽の光を肌に浴びることで体内に強い免疫システムが作られます。

 

ですから今の気候は日光浴に最適なのですから、今まで以上に日光浴に時間を使ってください。

 

できるだけ普段光を浴びていないところを露出して日光浴してください。日焼けを恐れている場合ではありません。

真っ黒になるまでやる必要なんてありません。今の気候なら一日15分~30分もやれば十分ではないかと思います。

 

一回でたくさん肌を焼いてしまうと肌は光をブロックしだします。ですから毎日少しずつ焼いていく方が体は喜びます。

雨の日もありますから天気のいい日は貴重です。日光浴をしながら呼吸法をしてみてください。

 

ゆっくりとした呼吸を繰り返し、すべてを天地自然に任せきる気持ちで、自分を解放してみてください。

 

すると、体の中の古い気は出て行き、新しい気がたくさん入ってきます。

 

病気に対する執着、ウイルスへの不安などをできるだけ解放し、捨てていきます。

 

一度に全部できるわけではありません。繰り返すことが大切です。すべては自然に任せる気持ちで、

不安があっても、恐れがあっても、それをコントロールしようとせず、過ぎ去っていくのを待っていればいいのです。

 

そして「今からよくなる」と明るい気持ちを自分の中に取り入れて行きましょう。

 

 

 

光線療法がいよいよ多くの方に認められる時代になってきたと感じます。

 

光線療法はウイルス感染の予防、そして病中の療法としても、とても可能性のあるものです。体験した人はみなさんわかっていますが、体験していない人にはまだわかっていないのが現状です。

 

日光浴だけでは難しいこともあります。今後紫外線や可視光線、赤外線などへの注目が高まってくるのは間違いありません。

 

ぜひ、早く気づいた方から光線療法を取り入れてみてください。

 

現在は通院していただくことが難しいため、自宅での使用をお勧めします。これから長期間使用することを想定して、購入されることをお勧めします。

 

もし予算に余裕があるのでしたら、当院で販売しているフォトピーⅡをお勧めします。少し高価ではありますが、使用がとても簡単で、長く使われている方が多くいます。

昔からある光線器はセットが簡単ではなく、つい使わなくなってしまう方が多くいます。連続使用時間も短く、すぐに再設定できないというところもあります。

 

フォトピーⅡは連続一時間の照射が簡単にできて、その後も約四時間まで連続照射がボタンひとつでできます。カーボンの自動調整機能に優れています。

 

病気療養中の場合、1~2時間の連続使用も必要で、フォトピーはそれが簡単にできるということで値段も高くなっています。

 

10年、20年と使っている方も多く、メンテナンスも対応可能ですので普通の電化製品のように5年で寿命が来るということがありません。

 

もちろんフォトピー以外の光線器も治療効果は変わらないと思います。できるだけ安いものと思う方もいて当然です。

 

これからの時代、一家に一台、光線器が必要な時代が来ます。

 

在庫には限りがございます。ぜひお早めにお問い合わせ下さい。